高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

気象

雲り空

IMGP1003
写真は今朝6時46分の北西の空です。晴れ間があるものの、雲に覆われた寒々とした空です。風は弱く、気温-0.5℃、気圧(標高160m)1007.3hPaです。

 高気圧が日本付近を覆っています。また、東北地方には寒気が残っています。現在仙台は、曇っています。
今日30日は、高気圧に覆われるため、晴れますが朝晩は曇るでしょう。最高気温は9℃の予想です。

19013003
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

寒冷渦が日本の東を東進しています。
高気圧が日本付近を覆っています。
発達中の低気圧が日本の東を東進しています。

日本付近は②の高気圧に覆われ、北日本から東日本の日本海側の降雪は弱まっています。また、東北地方には寒気が残留しており、雲が広がっています。北海道や、東日本、西日本では晴れているところが多くなっています。

昨日は網走に流氷が接岸したというニュースが流れていました。気象衛星でも流氷の様子を見ることができました。
karnann
図は、1月29日12:02:30の衛星可視画像です。雲の切れ間のオホーツク海に白く見えているのが、流氷です。また面白い現象として、利尻島の風下となる南側に小さなカルマン渦が5個ほど連なっているのが写っています。珍しいことです。

今日30日は、高気圧に覆われるため、日本海側も含め広く晴れ間が広がるでしょう。東日本・西日本でや北日本の太平洋側では空気の乾燥した状態が続きます。朝は冷え込みが強くなりますが、東海から九州では最高気温が10℃を超え、暖かくなるでしょう。

今日の宮城県地方は、朝晩は雲が広がるものの、高気圧に覆われ日中は晴れるでしょう。最高気温は県内各地4~10℃の予想です。

七つ森の山々と青空

IMG_6684
写真は今朝6時34分の北の空です。七つ森の山々の無効には青空が見えています。風は弱く、気温15.3℃、気圧(標高160m)1003.5hPaです。

 前線が日本の南から三陸沖へのびています。また高気圧が日本海を南東へ移動しています。現在仙台は曇っています。
今日11日は、高気圧に覆われて日中は晴れますが、湿った空気の影響により朝晩は曇りとなるでしょう。最高気温は21℃の予想です。

18091103
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

前線が日本の東から日本の九州の南までのびています。
②日本海に中心を持つ高気圧が東に移動しています。
台風22号がマリアナ諸島にあり西へ進んでいます。

②の高気圧の東側、南側では気圧の傾きがやや大きくなっており、日本海や北日本の太平洋側では風がやや強く吹いています。北日本ではこの高気圧に覆われ、今日は晴れるところが多くなりますが、高気圧からの冷たく湿った空気が入る関東地方では雲が多い天気となるでしょう。
今朝は、気温が低くなりました。現在宮城県内各地15℃前後の所が多くなっています。北海道ではひと桁台にまで下がったところも多く、稚内市の沼川では全国で今季初めての冬日となっています。

NASAのAPoDというホームページをご存知でしょうか。Astronomy Picture of the Dayというページで、天体写真のその日の一枚を載せています。その中で、気象に関する面白い画像を見つけたので紹介します。
atmosphere_geo5_2018235_eq2400
Aerosol Earth (NASAのAPoDのHPより)

衛星画像から地球上の大気中のエアロゾルを可視化したものです。8月23日のものです。オレンジ色に染められているのが、炭素の成分を含むエアロゾルで、アメリカとアフリカで色の濃い所が見られますが、これは森林火災により発生したものと見られます。そして、水色に染められたものは海塩エアロゾルで、日本付近に2つ濃い所が見えますが、台風19号と20号により巻き上げられたものです。また、ハワイ付近にはハリケーンによるものも見えています。アフリカやアジアの砂漠地帯には砂による塵が紫色で示されています。このように、地球上の大気には様々なエアロゾルが含まれていると言うことがこの写真から知ることができました。

今日の宮城県地方は、雲が多め日中は日差しが出る時間帯があるものの、夜は山沿いを中心に雨のところがあるでしょう。最高気温は県内各地20から22℃とあまり上がらず、肌寒いくらいの気温です。

先週の雷雨

先週24日の夜、北関東で激しい雷雨がありました。

24 レーダー
図は24日22:30の衛生赤外画像と、アメダスデータです。この日、19時頃から北関東に対流雲がかかりはじめ、22時前ぐらいから、両毛線に沿って激しい降雨帯が発生しています。
いくつかの積乱雲の次から次へとかかり、1時間以上も雷鳴が響いていました。
瞬時的に、大きな雹もも降り、恐怖感すら感じるほどでした。

快晴の空、冷え込んでます

IMG_5402[1]
写真は今朝6時03分の北西の空です。空は快晴で、氷点下の冷え込みになっています。風は弱く、気温-1.2℃、気圧(標高160m)1004.7hPaです。

日本付近は高気圧に覆われています。現在仙台は晴れています。
今日13日は、高気圧に覆われるため晴れますが、気圧の谷の影響にり昼過ぎからは雲が広がるでしょう。最高気温は13℃の予想です。

17111303
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①本州付近に中心を持つ高気圧に日本列島は覆われています。

①の高気圧に覆われているため現在、日本列島は広く晴れとなっています。この高気圧は13日の昼前には日本の東に進むため、高気圧の南縁を回り湿った空気が入り、夜には東日本や西日本の太平洋側で雨となると見られています。
今日の宮城県地方は、はじめ高気圧に覆われて晴れるところが多いですが、気圧の谷に入るため昼過ぎからは曇るところがあるでしょう。寒気や放射冷却により気温は低く、宮城県でも氷点下の冷え込みとなったところが多く、県内ほとんどの観測地点で、今季最低の気温を更新しています。

山頂が雲に覆われた泉ヶ岳

IMG_4224[1]
写真は今朝6時03 分の北西の空です。泉ヶ岳の山頂付近は雲に覆われていて見えません。雲の多いすっきりとしない朝となっています。風は弱く、気温7.6℃、気圧(標高160m)993.2hPaです。

 低気圧が日本海にあって東へと進んでいます。現在仙台は曇りとなっています。
今日21日は、気圧の谷の影響により曇りや晴れとなるでしょう。雨がぱらつく可能性もあるので、折り畳み傘があると良いでしょう。最高気温は、16℃の予想です。

17042103
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
 華中から東シナ海にかけて前線があり、九州の西の前線上には低気圧があります。また、日本海中部にも別の低気圧があり、共に東へと進んでいます。前者の低気圧には、南からの暖かく湿った空気が入るため、日本の太平洋側を中心に雲が広がり、雨が降り易い状況となります。
後者の低気圧は上空に寒気を伴うため、大気の状態が不安定となり、 低気圧が接近する北日本でも、落雷など激しい天気となる所があると見られています。
宮城県地方は、両方の低気圧の間となるため、晴れ間も出ると予想されていますが、雲が多めで、雲のかかり具合では弱い雨がぱらつくこともありますので、折り畳み傘の出番となりそうです。

 
ギャラリー
  • 暗い空
  • 暗い空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 雲に覆われた空
  • 雲に覆われた空
  • 春霞の空
  • 春霞の空
最新コメント
  • ライブドアブログ