高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

December 2020

真っ白な世界

IMGP8497
写真は今朝7時11分の北西の空です。大雪となっています。15センチくらいの積雪となっています。風はが少しあり、気温-4.5℃、気圧(標高160m)987.9hPaです。

 日本付近は強い冬型の気圧配置となっています。現在仙台は雪が降っています。
今日31日は、強い冬型の気圧配置が続き、となり、仙台市東部では昼頃から晴れや曇りとなり、仙台市西部では、雪が止む時間帯もあるでしょう。仙台市の最高気温は、1℃の予想です。

20123103
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①シベリアには上空に寒気を伴った寒冷渦があり南下しています。寒冷渦を回る寒気トラフが北日本と朝鮮半島付近にあり東進しています。
②日本の東には発達した低気圧があり東北へ進んでいます。
③黄河中流付近には高気圧がありほとんど停滞しています。

日本付近は強い冬型の気圧配置となっており、日本海側を中心に大雪となっています。
②の低気圧と③の高気圧の間の気圧差は、88hPaもあり日本列島、8本も等圧線が並んでいます。

202012310640-00
図は6時40分の衛星赤外画像です。(気象庁のHPより)

日本海には寒気の吹き出しによる筋状の雲がびっしりとあり、日本海側を覆い、一部、宮城県や、四国、愛知県、紀伊半島などに流れ込んでいるのがわかります。これらの地域では、多いところで、3時間で5~10センチの降雪となっています。また、日本海西部には日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)があり、中国地方では対流雲が発達し、鳥取県や、岡山県では降雪量が多くなっており、3時間降雪量が30センチを超えるところがあります。東海地方や、中国地方、四国地方、九州地方で高速道路の通行止めなど交通機関にも影響が出ています。

今日の宮城県地方は、東部を中心に晴れる時間帯があるものの、雪が降り西部では積雪が増えるでしょう。最高気温は県内各地、-4~2℃と真冬日となるところもあります。

不気味な空模様

IMGP8495
写真は今朝6時53分の北西の空です。遠くの青空と、朱色の雪雲と、黒い雲。なんだか不気味な空の様相となっています。風が少しあり、気温1.9℃、気圧(標高160m)981.3hPaです。

 気圧の谷が東北地方を通過しています。現在仙台は、曇っています。
今日30日は、気圧の谷が通過し、冬型の気圧配置となってきます。このため、曇りで、昼過ぎまで、雨や雪がふるでしょう。仙台市の最高気温は5℃の予想です。

20123003
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①沿海州付近には寒冷渦と、寒気を伴う上空の気圧の谷があり、東進、東南東進しています。
②三陸沖、西日本には前線を伴う低気圧があり東進、東北東進しています。
③シベリアには強い寒気を伴った寒冷渦があり停滞しています。

現在、関東の一部では晴れているものの、②の低気圧により、日本付近は気圧の谷となっており、東日本から西日本では雨で、東日本の内陸部や、東北北部では雪となっているところがあります。

今日から、1日にかけて上空には平年よりも10℃も低い寒気が入り、大雪が予想されています。図は、今日9時から、1日の24時までの上空850hPaの気温のGSM数値予報データです。平地での目安となる、-6℃の紫色の部分が、次第に北日本・西日本から日本全体を覆ってくるのがわかります。

気温分布2020.12.30-31a

この寒気が入るため、今日の夕方ごろからは現在雨のところも雪に変わってきます。②の低気圧は日本の東へと抜け、急速に発達します。このため、全国的に風も強まり、暴風や高波にも注意が必要です。
今朝発表の気象情報によると、明日31日の6時までの24時間の降雪量は、
 北陸地方           80センチ
 近畿地方           70センチ
 中国地方           60センチ
 東北、関東甲信地方      50センチ
 東海地方           30センチ
 四国、九州北部地方      20センチ
 九州南部地方         10センチ
その後も広い範囲で、降雪が続くと予想
されています。

また、31日にかけて予想される最大風速は、
 近畿地方           25メートル(35メートル)
 中国、四国、沖縄地方     23メートル(35メートル)
 九州南部           22メートル(35メートル)
 北陸、九州北部、奄美地方   20メートル(30メートル)
の予想
です。

大雪、吹雪や吹き溜まりによる交通障害、暴風、高波に注意・警戒が必要です。

今日の宮城県地方は、今日ははじめ雨ですが、次第に雪に変わってきます。最高気温は県内各地、1~5℃の予想です。






雲かかる泉ヶ岳

IMGP8494
写真は今朝7時00分の北西の空です。雲が多いものの、晴れ空が見えています。午前中は日差しがあるでしょう。風が少しあり、気温-0.5℃、気圧(標高160m)1002.8hPaです。

北日本は冬型の気圧配置となっています。現在仙台は晴れています。
今日29日は、晴れますが、昼前から曇りとなるでしょう。仙台市の最高気温は9℃の予想です。 

20122903
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①北日本は西高東低の気圧配置となっています。
②モンゴルの付近には寒気を伴った上空の気圧の谷があり南東進しています。

冬型の気圧配置により、現在北日本の日本海側では雲が多く、北海道の一部では雪となっているところがあります。一方、北日本の太平洋側、東日本、九州では晴れているところが多くなっています。東海、中部、近畿、中国、四国では雲が多い状況です。

明日から1月1日にかけて、大雪が予想されています。数年に一度クラスの寒気が入るため、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となると予想されています。

Clipboard01
図は、GSM数値予報の850hPaの気温の予想図です。

紫入色のマイナス6℃のラインが南下し、30日は西日本にも、31日は本州全体を覆っていきます。この寒波により、明日から1日まで、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となる予想です。今朝発表の気象情報によると、31日6時までの24時間に予想される降雪量は、
 北陸地方          70~90センチ
 中国地方          50~70センチ
 関東更新、近畿地方     40~60センチ
 東北、東海地方       30~50センチ
 北海道、九州北部地方    20~40センチ
 四国、九州南部地方     10~20センチ

と予想されています。さらに、その後の24時間も降雪量が更に増える予想となっています。
大雪による交通障害などに警戒が必要で、不要不急の外出は控え、大雪に対する備えは今日のうちに勧めておいて下さい。

今日の宮城県地方は、はじめ日の出る時間帯もあるものの、雲の多い天気となるでしょう。最高気温は県内各地、4~11℃の予想です。


寒々しい空

IMGP8493
写真は今朝6時55分の北西の空です。雲がかかり暗く寒々しい空となっています。風は弱く、気温1.2℃、気圧(標高160m)1002.0hPaです。

気圧の谷が日本海にあり東進しています。現在仙台は曇りとなっています。
今日28日は、気圧の谷の影響により曇りで、昼過ぎまでは雨の降るところもあります。夕方からは晴れてくるでしょう。仙台市の最高気温は、9℃の予想です。

20122803
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①シベリア付近には寒冷渦があります。寒冷渦からは寒気を伴った、上空の気圧の谷がアムール川中流へのびて南東進しています。シベリアを次の上空の気圧の谷が南南東進しています。
②朝鮮半島付近を上空の気圧の谷が東進しています。対応した地上低気圧が日本海西部を東進しています。
③東シナ海を上空の気圧の谷が東進しています。対応した地上低気圧が四国の南を東進しています。

日本海は気圧の谷となっており、③の低気圧もありこれらにより東北南部から九州まで雲が多く、東日本や西日本では雪や雨となっているところがあります。北海道のオホーツク海側と東北北部では晴れているところがあります。

今日28日は、③の低気圧と、②の低気圧がともに東進し、西から高気圧が張り出してきます。このため、昼過ぎまで雨がふるところが多く、東日本の内陸部では雪の降るところもあります。次第に西から晴れて来て、北日本も夕方には晴れてくるでしょう。北日本の日本海側では夜まで雪が降る予想です。

今日の宮城県地方は、雲が多く昼過ぎまでにわか雨やにわか雪の可能性があります。夕方からは晴れてくりところが多いでしょう。最高気温は県内各地、6~10℃の予想です。

雪景色の泉ヶ岳

IMGP8492
写真は今朝7時22分の北西の空です。雲はあるものの、晴れ空が広がっています。放射冷却で気温は-2.1℃と冷え込んでいます。風は弱く、気圧(標高160m)-2.1hPaです。

 高気圧が本州付近に張り出しています。また、日本海は気圧の谷となっています。現在仙台は晴れています。
今日27日は、高気圧に覆われて晴れますが雲の多い天気となるでしょう。仙台市の最高気温は、7℃の予想です。

20122703
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①オホーツク海には寒冷渦があり、寒冷渦から上空の気圧の谷が千島近海から千島の東にあり東進しています。
②アリューシャンの南には発達中の低気圧があり東北東に進んでいます。
③日本海や中国東北区には高気圧があり東南東に進んでいます。
④華中には上空の気圧の谷があり東進しています。

②の低気圧と③の高気圧の間で、日本付近は冬型の気圧配置となっています。このため北海道の日本海側や、東北の日本海側、北陸地方では雪が降っているところがあります。その他の地域では晴れているところが多くなています。

今日27日は、冬型は次第に緩み、西からは気圧の谷が近づくため、西日本では天気は下り坂となり、午後は雨となり、その範囲は広がってくるでしょう。九州では低気圧の接近により、夜には雷を伴うところがあるでしょう。東日本・北日本は晴れ間もあるものの、雲が多く、日本海側では雨や雪となるところがあるでしょう。

今日の宮城県地方は、晴れ間もあるものの雲の多い天気となるでしょう。最高気温は県内各地、3~8℃の予想です。

ギャラリー
  • 暗い空
  • 暗い空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 雲に覆われた空
  • 雲に覆われた空
  • 春霞の空
  • 春霞の空
最新コメント
  • ライブドアブログ