高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

September 2019

快晴の空

IMGP6418
写真は今朝5時27分の北西の空です。日の出前、薄い朱色の快晴の空が広がっています。風は弱く、気温17.0℃、気圧(標高160m)999.8hPaです。

高気圧が黄海にあり、本州付近に張り出しています。現在仙台は快晴となっています。
今日30日は、高気圧に覆われるため晴れるでしょう。仙台市の最高気温は28℃の予想です。

19093003
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①強い台風18号が沖縄の南にあり、発達しながら北西に進んでいます。
②アムール川下流に中心を持つ高気圧があり、南東に移動しています。
➂黄海には高気圧があり日本付近を覆っています。

①の台風周辺の発達した積乱雲が先島諸島にかかっており、雷とともに激しい雨が観測されています。また風も強まっていきており、毎秒20メートルを超える非常に強い風が吹いているところがあります。東日本・北日本では高気圧に覆われており、晴れているところが多くなっています。西日本では台風がもたらす湿った空気がはいり、大気の状態が不安定となっており、ところどころ雨が降っているところもあります。

①の台風18号の進路予想ですが、
1918-00
図は台風18号の進路予想図です。(気象庁のHPより)

現在台風18号は、沖縄の南にあり、中心付近の気圧975hPa、中心付近の最大風速35m/sで、東側170km、西側110kmの暴風域を伴いながら北西へ20km/hで進んでいます。今日午後には先島諸島に接近し、その後、強い勢力を維持しながら東シナ海を北上し、3日には当選半島へ、4日には日本海へと進み、5日には北陸・東北地方に接近すると見られています。
今日は、与那国島地方では風が強まり、最大瞬間風速で60メートルの猛烈な風が予想されています。また、大気の状態が不安定となり、猛烈な雨や非常に激しい雨となり、海上では猛烈なしけのおそれがあります。土砂災害や、低地での浸水、河川の増水に警戒して下さい。
台風からの湿った空気が流入する西日本では日中の昇温もあり、午後を中心に大気の状態が不安定となります。中国山地、四国山地、九州山地など山間部を中心に雷を伴って激しく降るところがあるでしょう。落雷や、突風、降雹、短時間強雨に注してください。

今日の宮城県地方は、今日は高気圧に覆われるため晴れの天気となるでしょう。気温も上がり、県内各地26~28℃と夏日となる予想です。

曇りの朝

IMGP6417
写真は今朝7時01分の北西の空です。厚い雲に覆われて暗い空になっています。風は弱く、気温17.6℃、気圧(標高160m)1000.5hPaです。

前線が日本海から東宝地方へのびています。現在仙台は曇っています。
今日29日は、前線の影響により曇りで、夜のはじめごろまで雨のふるところがあるでしょう。仙台市の最高気温は26℃の予想です。

19092903
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

前線が朝鮮半島付近から日本海を通り東北地方にのびています。
高気圧がに本の東にあり東南東に進んでいます。
台風18号がフィリピンの東にあり西北西に進んでいます。
低気圧がシべリア付近を東北東に進んでいます。低気圧からは前線がアムール川下流までのびています。
⑤四国の南には低気圧があり東北東に進んでいます。

①の前線や、⑤の四国の南にある低気圧に向かって②の高気圧の縁を回る湿った空気が流入している影響により、全国的に雲が広がっています。東日本・北日本の日本海側や、関東の沿岸部では雨となっているところがあります。

今日29日は、①の前線は東進し、前線上に低気圧が発生すると見られています。また⑤の低気圧は日本の南を東進する予想となっています。これら前線や低気圧に向かって、②の高気圧の縁を回る下層暖湿気が流入するため、今日は西日本から北日本の広い範囲で雨となり、局地的に雷を伴って激しく降るところがあるでしょう。落雷や突風、短時間強雨に注意してください。
➂の台風18号は発達しながらフィリピンの東を北西へ進むと見られています。
1918-00
図は台風18号の進路予想です。(気象庁のHPより)

台風18号は現在フィリピンの東にあり、中心気圧992hPa、中心付近の最大風速25m/s、半径390㎞の強風域を伴い、西北西に25km/hで進んでいます。今後発達をして、今日の夜には暴風域を伴い、次第に進路を北向きに変え、東シナ海から朝鮮半島付近を通り、4日には日本海へと進む予想となっています。南西諸島では30日にかけて台風周辺の下層暖湿気が流入し大気の状態が不安定となり、雷を伴った激しい雨となるおそれがあります。風も次第に強まりますので、暴風や高波に注意が必要です。

今日の宮城県地方は、雲か広がり雨がふるところがあります。時間帯によっては雨脚がつよまり、局地的に雷を伴うところもある予想です。お出かけの際は、傘を持ってお出かけ下さい。最高気温は県内各地23~26℃の予想です。


朝焼けのパステル色の空

 IMGP6415
写真は今朝5時35分の北西の空です。上層の雲が日の出前の太陽に照らされて朱色に染まっています。風は弱く、気温11.0℃、気圧(標高160m)1007.2hPaです。

高気圧が日本の東にあり、本州付近へ張り出しています。また、前線が日本海にあります。現在仙台は晴れています。
今日28日は、昼前までは晴れ間もありますが、前線の影響により曇りとなるでしょう。仙台市の最高気温は24℃の予想です。

19092803
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①日本の東に高気圧があり、北日本・東日本を覆っています。
前線が対馬海峡から能登半島までのびており停滞しています。
➂フィリピンの東には熱帯低気圧があり西北西に進んでいます。

北日本では①の高気圧に覆われており、晴れているところが多くなっています。一方、②の前線に近い九州北部、山陰地方や、前線に向かって湿った空気が入る九州の南部・四国の太平洋側では大気の状態が不安定となっており、雷を伴い激しく降っているところがあいります。
highresorad_201909280550
図は今朝5時50分の雨雲レーダーの図です。(気象庁のHPより)

宮崎県や大分県などで雨が強くなっており、宮崎県の延岡では未明に時間78.5ミリという非常に激しい雨を観測しています。宮崎県や大分県では土砂災害警戒情報が発表されているところがありますので、これらの地域では地盤が緩んでいるところがありますので、土砂崩れや地滑りなどに警戒して下さい。

今日28日は、①の高気圧の縁を回る暖湿気が、西日本から日本海中部に流入し、②の前線の活動が活発となり、前線が東北地方にまでのびてくると見られています。前線の近傍や南側では大気の状態が不安定となり、西日本の太平洋側を中心に積乱雲が発達し、非常に激しい雨となるところがあるでしょう。土砂災害や、低地での浸水、河川の増水に注意・警戒して下さい。
北海道では晴れがつづくものの、東北地方や東日本でも午後からは②の前線の影響により雲が広がり、雨がふるところもあるでしょう。

今日の宮城県地方は、昼前は日差しがとどくものの、午後からは雲が広がってくるでしょう。最高気温は県内各地、23~25℃の予想です。


快晴の空

IMGP6406
写真は今朝6時22分の北西の空です。野焼きの煙が地上付近を霞ませていますが、快晴の空が広がっています。風は弱く、気温10.7℃、気圧(標高160m)1011.3hPaです。

 高気圧が本州付近を覆っています。現在仙台は晴れています。
今日27日は、高気圧に覆われて晴れるでしょう。仙台市の最高気温は26℃の予想です。

19092703
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①三陸沖に高気圧があり東に移動しています。
②南西諸島には地上のシアーラインがあり西進しています。

①の高気圧により、北日本から東日本では晴れています。西日本の太平洋側では、高気圧の縁を回る下層暖湿気が流入するため大気の状態が不安定となり、紀伊半島から四国、宮崎県にかけて局地的に対流雲が発達し、雷を伴って激しく降っているところがあります。
また、②のシアーライン付近の南西諸島では下層の暖湿気の収束により大気の状態が不安定となり、雷を伴って激しく降っているところがあります。

今日27日は、①の高気圧は日本の東へと進み、高気圧の縁を回る下層暖湿気は次第に日本海へと流入するようになります。明日の朝には、日本海に前線ができ、明日夜には前線上に低気圧が発生する見込みです。西日本は下層暖湿気の流入により、大気の状態が不安定となり、九州北部や中国・四国地方を中心に午後は発雷確率が高くなっています。落雷や突風、短時間強雨などに注意して下さい。
一方、東日本・北日本は高気圧に覆われるため、晴れて秋空が広がるでしょう。日中は気温が上がりますが、朝晩は冷え込み、気温差が10℃以上にもなるところがある予想です。体調管理にお気を付け下さい。

今日の宮城県地方は、高気圧に覆われて晴れの天気となります。昼間は晴れて気温が上がり。最高気温は県内各地、24~27℃と夏日となるところが多くなるでしょう。

色彩豊かな空

IMGP6404
写真は今朝5時17分の北東の空です。日の出前、朝陽に染まった上層の雲と、青空の色が相まって、色彩豊かな空となっています。風は弱く、気温10.5℃、気圧(標高160m)1009.5hPaです。

高気圧が日本海にあり本州付近を覆っています。現在仙台は晴れています。
今日26日は、高気圧に覆われるため晴れるでしょう。仙台市の最高気温は24℃の予想です。

19092603
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①日本海に高気圧があり日本列島を覆っています。
②西日本から東日本の上空は寒気に覆われています。

①の高気圧に日本付近は広く覆われていていて、晴のところが多くなっています。一方、西日本から東日本の太平洋側では高気圧の縁を回る下層暖湿気が流入し、大気の状態が不安定となっており、九州南部、四国沖、東海沖などでは対流雲が発達し、ところどころで非常に激しい雨を解析しています。気温は北日本を中心に冷え込んでおり、北海道では7ヶ所の観測点で氷点下を観測しています。

今日26日は、①の高気圧に覆われて、北日本から東日本では晴れ空が広がるでしょう。一方、西日本や伊豆諸島では高気圧に縁を回る下層の暖湿気が流入するため、大気の状態が不安定となり、明日にかけて雷を伴って激しく降るところがあるでしょう。

今日の宮城県地方は、高気圧に覆われるため秋晴れの空が広がるでしょう。朝晩は冷え込み、一日の寒暖差が大きくなり、風邪をひきやすくなりますので、体調管理に注意してください。最高気温は県内各地、21~24℃の予想です。




ギャラリー
  • 暗い空
  • 暗い空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 雲に覆われた空
  • 雲に覆われた空
  • 春霞の空
  • 春霞の空
最新コメント
  • ライブドアブログ