高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

January 2019

西から来る雲

IMGP1018
写真は今朝6時53分の北西の空です。東の空は晴れていて月が見えてますが、西の方の空は雲に覆われています。風は弱く、気温3.7℃、気圧(標高160m)990.3hPaです。

サハリン付近の低気圧からのびる寒冷前線が北日本を通過しています。現在仙台は晴れています。
今日31日は、冬型の気圧配置となるため曇りで、昼前から夕方にかけて晴れる時間帯もあるでしょう。最高気温は8℃の予想です。

19013103
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①沿海州には寒気を伴った上空の気圧の谷があり東進しています。
②、①に対応した低気圧がサハリンにあり低気圧の中心から寒冷前線が北海道、東北地方、日本海へとにびています。
➂東シナ海には上空の流れに対応した前線があり、前線上には低気圧があります。

②の前線付近では大気の状態が不安定となり、北日本から東日本の日本海側で雪となっており、北陸地方では雷を伴って激しく降っているところがあります。また、西日本でも気圧の谷の影響により日本海側を中心に雨や雪のところが多くなっています。北日本の太平洋側から関東地方では現在晴れています。

今日31日は、➂の前線上に更にもう一つ低気圧が発生し、前線と2つの低気圧が発達しながらと日本の南岸を通過していきます。このため、今日は西日本から東日本で雨となり、山沿いを中心に雪となるところもある予想です。今日の夜には上空の寒気が南下するため、関東地方でも雪となり積雪となる可能性もあるでしょう。

今日の宮城県地方は、雲が多い天気となります。西部では午前中、にわか雪が降る時間帯もあるでしょう。昼間は東部では風が強く、寒く感じられることでしょう。最高気温は県内各地、5~8℃の予想です。

IMGP1013
写真は今朝6時14分の南東の空です。月齢24.8の月と、その下に木星、東には金星が並んで見えています。月にはうっすらと地球照が確認できます。寒空の中、きれいな星の並びを見ることができました。
(Pentax KP Tamron 90mm 52BB F2.8, ISO800, 1/30s )




 

雲り空

IMGP1003
写真は今朝6時46分の北西の空です。晴れ間があるものの、雲に覆われた寒々とした空です。風は弱く、気温-0.5℃、気圧(標高160m)1007.3hPaです。

 高気圧が日本付近を覆っています。また、東北地方には寒気が残っています。現在仙台は、曇っています。
今日30日は、高気圧に覆われるため、晴れますが朝晩は曇るでしょう。最高気温は9℃の予想です。

19013003
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

寒冷渦が日本の東を東進しています。
高気圧が日本付近を覆っています。
発達中の低気圧が日本の東を東進しています。

日本付近は②の高気圧に覆われ、北日本から東日本の日本海側の降雪は弱まっています。また、東北地方には寒気が残留しており、雲が広がっています。北海道や、東日本、西日本では晴れているところが多くなっています。

昨日は網走に流氷が接岸したというニュースが流れていました。気象衛星でも流氷の様子を見ることができました。
karnann
図は、1月29日12:02:30の衛星可視画像です。雲の切れ間のオホーツク海に白く見えているのが、流氷です。また面白い現象として、利尻島の風下となる南側に小さなカルマン渦が5個ほど連なっているのが写っています。珍しいことです。

今日30日は、高気圧に覆われるため、日本海側も含め広く晴れ間が広がるでしょう。東日本・西日本でや北日本の太平洋側では空気の乾燥した状態が続きます。朝は冷え込みが強くなりますが、東海から九州では最高気温が10℃を超え、暖かくなるでしょう。

今日の宮城県地方は、朝晩は雲が広がるものの、高気圧に覆われ日中は晴れるでしょう。最高気温は県内各地4~10℃の予想です。

雪景色

IMGP1002
写真は今朝6時55分の北西の空です。降る続く雪で一面の雪景色。現在も強めの風と共に、雪が降っています。積雪は10センチ以上あり、視界も悪くなっています。気温-1.5℃、気圧(標高160m)992.3hPaです。

 低気圧が東北地方を通過しています。現在仙台は雪が降っています。
今日29日は、冬型の気圧配置が強まるため、曇りや晴れで、仙台市西部では昼過ぎまで雪が降るでしょう。最高気温は7℃の予想です。

19012903 (1)
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①北日本上空には寒気を伴う寒冷渦が通過中です。対応した地上低気圧が津軽海峡付近を南東に進んでいます。
②日本の東には前線を伴った低気圧があり発達しながら東進しています。

①の低気圧により北日本、東日本では気圧の傾きが大きく、強い風が吹いてるところがあります。また東北北部では発雷も観測されていて、雪の降り方が強まっています。

今日29日は、①の寒冷渦が南東進し、朝には日本の東へと進みます。寒冷渦の付近では大気の状態が不安定となり、下層に寒気も入ってくるため、東北地方から東日本の日本海側を中心に大雪に注意・警戒が必要です。②の低気圧は更に発達を続け東進し、北日本・東日本では昼過ぎから冬型の気圧配置が強まります。今日夕方にかけて、北日本・東日本を中心に強風や風雪、高波に注意してください。今日の夜には、日本列島高気圧に覆われてくるため、明日の朝にかけては穏やかな天気となるでしょう。

今日の宮城県地方は、雪が降り強風でふぶくとこもあります。夕方からは日差しも届いてきますが、風が強く寒さを感じる一日になりそうです。最高気温は県内各地、2~7℃の予想です。

僅かな青空

IMGP0941
写真は今朝7時05分の北西の空です。僅かな青空が覗いているものの雲に覆われた空となっています。風は弱く、気温-2.1℃、気圧(標高160m)997.4hPaです。

低気圧が日本海にあり、発達しながら東へ進んでいます。現在仙台は曇っています。
今日28日は、寒冷前線が東北地方を通過し冬型の気圧配置となり、曇りで、夕方からは仙台市西部では雪となるでしょう。最高気温は8℃の予想です。

19012803
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①東シナ海の高気圧があり日本付近は覆われています。
②中国東北区には寒気を伴った上空の気圧の谷があり南東進しています。
➂、②に対応した低気圧が日本海中部にあり発達しながら東北東進しています。

日本付近は①の高気圧に覆われて、冬型の気圧配置は緩んで、晴や曇りのところが多くなっています。気圧の谷や寒気の影響のある、九州、中国地方の日本海側では雨や雪の降っているところがあります。

今日28日は、➂の低気圧が前線を伴い発達しながら東北東へ進み、今日夜には北海道に接近します。その後東北地方に接近、上陸して不明瞭になってきます。このため、日本海側では次第に雪や雨の範囲が広がり、前線近傍では雷を伴って激しく降るところがあるでしょう。また、太平洋側でも湿った空気により雲が広がるところが多くなるでしょう。

今日の宮城県地方は、雲が広がり、にわか雪やにわか雨が降る時間帯もあります。西部では夕方から雪となり、明日未明からは東部、西部ともに風が強まるでしょう。最高気温は県内各地、3~11℃の予想です。



流れ来る雪雲に覆われた泉ヶ岳

IMGP0848
写真は今朝7時05分の北西の空です。泉ヶ岳の半分を西からの雪雲が覆っています。風は弱く、気温-1.9℃、気圧(標高160m)996.8hPaです。

日本付近は冬型の気圧配置となっています。現在仙台は曇りや晴れとなっています。
今日27日は、冬型の気圧配置が緩むため、晴や曇りですが、昼過ぎにかけて西部の山沿いでは雪が降るでしょう。最高気温は5℃の予想です。

19012703
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①日本の東に低気圧があり東進しています。
②東北付近に寒冷渦があり東進しています。
➂大陸には高気圧があり南東に進んでいます。

①の低気圧、③の高気圧により、日本付近は強い冬型の気圧配置となっており、また②により寒気が西日本かと東日本の南岸にまで南下していて、西日本から東北の日本海側では広く雪が降っています。三重県などの太平洋側や、関東甲信の山沿いにも雪雲が流れ込み雪となっているところがあります。北日本から東日本の太平洋側では晴れているところが多くなっています。

今日27日は、強い冬型の気圧配置となる午前中は日本海側で大雪となる恐れがあり、引き続き交通障害などに警戒が必要です。太平洋側は晴れますが、空気の乾燥が続き、昨日雪となったところでは路面の凍結に注意が必要です。午後になると、次第に高気圧が張り出し、日本海側の雪も弱まってくるでしょう。

今日の宮城県地方は、日差しも届き穏やかな晴れ空となるでしょう。西部の山沿いでは午前中まで雪がちらつく所がありますが、昼過ぎには晴れ空が広がるでしょう。最高気温は県内各地1~5℃の予想です。
ギャラリー
  • 暗い空
  • 暗い空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 雲に覆われた空
  • 雲に覆われた空
  • 春霞の空
  • 春霞の空
最新コメント
  • ライブドアブログ