高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

August 2018

山頂をのぞかせる七つ森

IMG_6659
写真は今朝6時18分の北の空です。低い雲が出ていて七ツ森の山々の麓が隠されています。風は弱く、気温21.7℃、気圧(標高160m)991.2hPaです。

 前線が東北地方を南下しています。現在仙台は曇っています。
今日31日は、前線が東北地方を南下するため雨や曇りで、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。最高気温は28℃の予想です。

18083103
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①前線が日本海から東北北部を遠て日本の東へのびています。
②中国東北区には上空の気圧の谷があり南東進しています。
③宗谷海峡付近に低気圧があり北東進しています。

①の前線に850hPaで336K以上の相当温位の暖湿気が流入し、大気の状態が不安定となっています。このため、前線付近の東北の日本海側や北陸地方では雷を伴った非常に激しい雨が断続的に降り続いています。
doshamesh_201808310540
図は5時40分の土砂災害警戒メッシュ情報です。(気象庁のHPより)

昨日からの雨で、北陸から東北南部、秋田県で土砂災害の危険度が高まっています。特に山形県の庄内・最上地方では極めて高い危険度となっており、土砂災害が起きていてもおかしくない状況となっており、県内で土砂災害警戒情報が発表されています。
更に、前線がかかり続けるため、線上の降水帯が同じところで雨を降らせる可能性があります。これらの地域では更に土砂災害の危険性が高まる恐れがありますので、十分な警戒をしてください。

今日の宮城県地方は、前線の影響により雨が降ったり止んだりとなります。一時的に雷を伴って激しく降るところもあるでしょう。宮城県内でも昨日からの雨で地盤が緩んでいるところがあり、現在栗原市西部、大崎市西部で土砂災害警戒情報が発表されています。今後、更に降水が続き危険性が高まる可能性がありますので、気象庁や自治体の発表する情報に注意し、警戒をしてください。



低くかかる雲

IMG_6656
写真は今朝5時59分の北東の空です。空には厚い雲が掛かっていて地表付近にも霧のような雲が出ています。風は弱く、気温19.5℃、気圧(標高160m)995.2hPaです。

 前線が日本海から東北北部へのびています。現在仙台は雨や曇りで雷が鳴っているところもあります。
今日30日は、前線や湿った空気の影響により曇りで、雨や雷雨となる時間帯もあるでしょう。最高気温は28℃の予想です。

18083003
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①前線が日本海から東北地方を通って日本の東へのびています。
②中国東北区には上空の気圧の谷があり南東進しています。
③強い勢力の台風21号は南鳥島近海にあり西へ進んでいます。

前線や低気圧の影響で北日本では雨が降っている所が多くなっています。
highresorad_201808300550
図は今朝5時50分の雨雲レーダーです。(気象庁のHPより)

東北南部に大きな雨雲があり、激しく降っているところがあります。は発雷の観測された地点ですが、福島や宮城で観測されています。先程、仙台でも雷鳴が聞こえていました。今日は宮城でも午前中は雨が降りやすい状況となっており、県内全域に雷注意報が出ています。

今日30日は、停滞する秋雨前線に向かい暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発となり、東北・北陸を中心に大気の状態が非常に不安定となります。東北地方の日本海側と北陸地方では断続的な激しい雷雨となります。十分な警戒をお願いします。今朝発表の気象情報では、31日までの24時間に予想される雨量は、
 東北地方      180ミリ
 北陸津法      120ミリ
となっています。
まとまった雨量となるところがあり、土砂災害や川の氾濫などが発生する恐れがあります。十分な警戒をお願いします。

今日の宮城県地方は、雲が多く雨の降る所もあります。ところにより、雷雨となるところもありますので、傘を持って出かけた方が良いでしょう。気温は県内各地25〜28℃の予想です。




今朝も雨

IMG_6654
写真は今朝6時30分の北西の空です。低く雲が垂れ込め、今朝も雨となっています。風は弱く、気温19.2℃、気圧(標高160m)998.5hPaです。

前線が朝鮮半島から日本海を通り、関東甲信地方をにのびています。現在仙台は雨となっています。
今日29日は、前線の影響により雨や曇りの一日となるでしょう。最高気温は23℃の予想です。

18082903
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

前線が朝鮮半島から日本海を通り、関東甲信地方にのびています。
②日本の南には太平洋高気圧がありほとんど停滞しています。
台風21号が南鳥島近海にあり西南西に進んでいます。

現在、①の前線がかかる北陸から北日本では、雨や曇りのところが多くなっています。高気圧に覆われている西日本では晴れ空が広がっています。

昨日28日は、秋雨前線の停滞により仙台は一日中雨で、昨日一日で70ミリのまとまった雨となりました。前線が停滞した北陸から東北南部にかけて降水量が多くなっており、下図の土砂災害警戒判定メッシュ情報に示す様に、現在、石川県、東北南部の3県では地盤が緩み土砂災害に注意が必要なところがあります。

doshamesh_201808290550
図は今朝5時50分時点の土砂災害警戒メッシュ情報です。(気象庁のHPより)

今日29日は、①の前線は、30日にかけて山陰沖から日本海を北上します。30日夜までには前線上の日本海北部に低気圧が発生することが予想されています。このため、前線や低気圧に向かって暖湿気が流入し、30日にかけて北陸地方から東北地方の日本海側を中心に大気の状態が不安定となり雨脚の強まるところもあり、注意が必要です。
30日にかけて東日本から西日本は②の高気圧に覆われて晴れるところが多く、猛暑日となるところも予想されています。午後は内陸や山沿いを中心に局地的に雷雨となるところもありますので、落雷、突風、短時間強雨に注意が必要です。

今日の宮城県地方は、雨が降ったり止んだりで、ところにより雷雨の可能性もあります。湿度は高く、気温は県内各地20〜23℃と9月下旬ころの気温となります。




雨の朝

IMG_6652
写真は今朝6時40 分の北西の空です。低い雲が垂れ込め雨が降っています。風は弱く、気温18.8℃、気圧(標高160m)996.8hPaです。

 前線が黄海から東北南部にのび停滞しています。現在仙台では強い雨が降っています。
今日28日は、前線や低気圧の影響により、雨や曇りの見込みです。最高気温は22℃の予想です。

18082803
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

前線が朝鮮半島から東日本にのびています。
②日本の南に高気圧がありほとんど停滞しています。

①の前線の影響で、北陸や東北地方では雨が降っています。東北の南部では強い雨となっているところがあり、新川では5時20分までの1時間で33ミリの激しい雨となっています。仙台でも17.5ミリとやや強い雨が降っています。

昨日は、大気の状態が不安定となり、午後から関東地方を中心に局地的に雷や突風をともなった非常に激しい雨となりました。落雷による停電や、停電に伴った電車の運転見合わせ、道路の冠水や浸水被害などがありました。
東日本を南下する前線に向かい、南からの暖かく湿った空気が流入し、日中の昇温が加わり大気の状態が非常に不安定となり、対流雲が発達しやすい状況となったためです。観測によると、午後8時から9時にかけて練馬で時間70ミリ、埼玉では50ミリ、そして世田谷区ではレーダーの解析で110ミリの猛烈な雨となり、記録的短時間大雨情報が発表されました。また、突風や降雹の被害もあり、さいたま市では27.6メートルの最大瞬間風速を観測しています。

今日28日も、大気の不安定な状況となり特に西日本や関東地方では昼過ぎから夜の初め頃にかけて、発雷確率が高くなっています。
東日本、北日本では秋雨前線が停滞するため曇りや雨で、北陸地方を中心に午前中は非常に激しい雨の降る恐れがあります。土砂災害、河川の増水、低地の浸水など大雨の災害に警戒が必要です。

今日の宮城県地方は、今日は雨が降ったり止んだりの一日で、時々雨脚の強まる時間帯があるでしょう。気温は県内各地20〜23℃と9月並の気温となります。

低くかかる雲

IMG_6651
写真は今朝6時34分の北東の空です。泉ヶ岳山頂付近や、麓付近に低い雲が掛かっていますが、視程は比較的良いです。風は弱く、気温21.7℃、気圧(標高160m)995.4hPaです。

 前線が東北地方を南下しています。現在仙台は曇っています。
今日27日は、前線の影響により曇りで、昼前にかけて雨の降る所がある見込みです。最高気温は28℃の予想です。

18082703
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

前線が朝鮮半島から東北南部・北陸東部に停滞しています。
②日本の南に中心を持つ高気圧が、東日本から西日本を覆っています。
③北海道の東海上には低気圧があり東進しています。

①の前線や、③の低気圧の影響で、北陸地方や東北地方では曇りや雨となっています。その他の地域では②の高気圧に覆われ晴れているところが多くなっています。

今日27日は、①の秋雨前線が伸び東北と北陸地方では雨が予想されています。今日午後はサハリン付近からの冷湿な地上北東風が関東付近まで南下し、関東は日中の昇温も加わり大気の状態が非常に不安定となり、対流雲が発達しやすい状況となります。このため、局地的に非常に激しい雨が降り、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに警戒をしてください。また、西日本でも②の高気圧に覆われるため気温が上昇し、午後は局地的な対流雲の発達で落雷や突風、短時間強雨など大雨に注意が必要です。
下図に今日夕方の発雷確率のデータを示します。

gd305jp (2)
図は今日夕方の発雷確率の図です。(国際気象海洋のHPより)

今日の宮城県地方は、前線の影響により曇りや雨の天気となります。気温は26〜29℃と夏日となる予想です。

ギャラリー
  • 暗い空
  • 暗い空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 雲に覆われた空
  • 雲に覆われた空
  • 春霞の空
  • 春霞の空
最新コメント
  • ライブドアブログ