高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

January 2018

上層の薄雲

IMG_5765
写真は今朝6時46分の北西の空です。薄い上層の雲がありますが晴れています。弱い朝陽が山々と照らしています。風は弱く、気温-5.4℃、気圧(標高160m)1002.2hPaです。

北日本は冬型の気圧配置が続いています。現在仙台は 晴れています。
今日31日は、低気圧が日本海に発生し、夜に東北北部を通過するため、曇りや晴れで、夕方から西部を中心に雪が降るでしょう。最高気温は3℃の予想です。

18013103
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

上空の気圧の谷が朝鮮半島付近にあり東進しています。
②大陸からは高気圧が張りだしています。

北日本は弱い冬型となっており、北陸から北日本の日本海側では雪となっています。それ以外の地方は晴れているところが多くなっています。
今日31日は、冬型が緩みつつあり、北日本の日本海側では雪が続きます。①の上空の気圧の谷が今日の昼過ぎにかけて北日本を通過し、上空に寒気をもたらし、日本海には低気圧が発生します。この低気圧が、1日にかけて北日本を進みます。低気圧周辺では大気の状態が不安定となり、北日本や北陸では31日午後を中心に落雷や突風、降雪の強まりに注意が必要です。
今日の宮城県地方は、晴れや曇りとなりますが、日本海に発生した低気圧の接近により夕方からは西部を中心に雪となるでしょう。最高気温は仙台で3℃と厳しい寒さとなる予想です。

今日の夜に沖縄付近で低気圧が発生すると見られています。この低気圧は、1日から2日にかけて日本の南海上を進み、いわゆる南岸低気圧になる予想です。1日から2日にかけて西日本から東日本の太平洋側では雪となるとこがある予想となっています。低気圧の通る位置により雪の降る範囲や、量が違ってきますので、最新の予報に注意して下さい。

小雪ちらつく朝

IMG_5763
写真は今朝6時45分の北東の空です。雪雲に覆われ小雪がちらついています。風は弱く、気温-3.5℃、気圧(標高160m)995.7hPaです。

日本付近は冬型の気圧配置となっています。現在仙台は晴れで、西部では雪のところがあります。
今日30日は、冬型が続き晴れや曇りですが、西部の山沿いでは雪となる時間帯があります。最高気温は1℃の予想です。

18013003
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①サハリン付近の上空には寒冷渦があり、ほとんど停滞しています。対応する地上低気圧がオホーツク海を北上しています。
上空の気圧の谷が日本付近を通過し、上空の寒気が東日本・西日本に流入しています。
③日本海西部から北陸地方には地上シアーラインがのびています。

日本付近は冬型となっているため、現在獣臭から北海道までの日本海側で雪、太平洋側では晴れとなっています。特に③の地上シアーラインJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)がかかる北陸地方では降雪が強くなっています。
今日30日は、冬型の気圧配置が続くため、日本海側では広い範囲で雪となります。特に北陸や北日本の日本海側では強く降り吹雪となるところもあり、交通障害などに注意が必要です。太平洋側では晴れるため乾燥するでしょう。全国的に気温は低く、真冬の寒さとなります。
今日の宮城県地方は、冬型のため概ね晴れますが、雪雲が流れてきて雪がちらつく時間帯もあるでしょう。特に山形との県境の、西部では雪のところが多くなるでしょう。上空には寒気が流れ込むため気温は上がらず、最高気温は仙台で1℃の予想です。明日頃まで寒気が居座るため、なかなか暖かくなりませんが、体調を崩さないようにして下さい。


薄くかかる雪雲

IMG_5761[1]
写真は今朝6時50分の北西の空です。泉ヶ岳の中腹付近は見えますが、頂上は薄雲に隠れていて見えなくなっています。雪雲がかかっているようです。風が少しあり、気温-3.7℃、気圧(標高160m)990.7hPaです。

発達中の低気圧が北海道付近を北東へ進んでいて、日本付近は冬型の気圧配置となっています。現在仙台は、晴れや雪となっています。
今日29日は、冬型の気圧配置となるため晴れで、夜は西部を中心に雪となるところがあるでしょう。最高気温は3℃の予想です。

18012903
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

北海道付近では低気圧が発達し、冬型の気圧配置が強まっています。強い寒気が流れ込み、日本海側は雪や風が強まります。特に北陸付近では雪雲が発達するため、強く降り積雪や見通しが悪くなることから交通障害に注意が必要です。太平洋側では晴れて、空気が乾燥するでしょう。気温は全国的に低く、真冬のこの時期らしい寒さとなるでしょう。
今日の宮城県地方は、冬型で晴れ間も出ますが、夜は西部を中心に雪となる所があるでしょう。今日も寒く、仙台では最高気温3℃の予想です。

雪雲かかる泉ヶ岳

IMG_5759[1]
写真は今朝7時08分の北西の空です。青空も見えていますが、西から流れてきた雪雲が泉ヶ岳上空にっはかかっています。風が少しあり、気温-3.1℃、気圧(標高160m)999.8hPaです。

北日本の冬型の気圧配置は次第に緩んできています。現在仙台は、晴れや曇りとなっています。
今日28日は、はじめ晴れますが、低気圧の影響により次第に曇りとなるでしょう。最高気温は4℃の予想です。

18012803
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①日本付近は大陸の高気圧に覆われています。
②アムール川中流の上空には寒冷渦があり、東南東進しています。寒冷渦からは上空の気圧の谷が中国東北区へ伸びています。
③東シナ海には天気図には表れない小さな低気圧があり、東進しています。
④日本海には小さな低気圧があり東北東進しています。

①の高気圧に覆われ、西日本・東日本では冬型の気圧配置は緩んできています。日本海の筋状の雲も薄くなってきています。このため、北日本の雪も弱まってきています。現在③の低気圧による雲域が日が東シナ海にかかっており、九州や四国、中国地方で雪となっている所があります。
今日28日は、③と④の低気圧により、西から雨・雪のエリアが広がります。関東地方も南の海上にある弱い前線の影響で、南部はにわか雨や雪の可能性があります。
今日の宮城県地方は、④の低気圧の接近により雲が広がってきて、曇りの一日となります。気温は仙台で4℃と、昨日までよりは幾分寒さは和らぎますが、寒い日となりそうです。

日の出前のスキー場

IMG_5752[1]
写真は今朝6時23分の北西の空です。空は青空となっていますが、低い所には雪雲がかかり遠くの山は霞んでいます。泉ヶ岳のスキー場は十分な積雪だと思いますが、圧雪車による整備をやっているのでしょう。風が少しあり、気温-5.6℃、気圧(標高160m)992.15hPaです。

日本付近は冬型の気圧配置となっています。現在仙台は晴れや雪となっています。
今日27日は、冬型が続くため晴れや曇りですが、雪雲が流れ来る西部では雪が降る時間帯があるあでしょう。最高気温は1℃の予想です。

18012703
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①寒気を伴った上空の気圧の谷が日本海にあり、東南東進しています。
②上空の寒冷渦がアムール川中流にあって、中心から西南西に上空の気圧の谷が伸びており東南東進しています。

日本付近は冬型の気圧配置が続いていて、上空に流れ込む寒気が強く、日本海側では雪が降り続いています。太平洋側でもところどころ雪雲が流れ込んでいて、三重県、宮城県、岩手県の一部では雪が降っているところがあります。
昨日は宮城県内冷え込み、真冬日のところが多くなりました。
kiokio
図は昨日の宮城県地方の最高気温のアメダスデータです。(アルファプラネットのHPより)

宮城県内ほとんどの観測地点で最高気温が氷点下となっています。仙台と仙台空港がかろうじて0度台で、仙台では3日連続の真冬日をギリギリで回避しました。さて今日も宮城県内、気温が低くなることが予想されています。仙台の最高気温は1℃の予想です。風も強いので極寒のいち日となりそうです。
今日の宮城県地方ですが、冬型が少し緩んできますので、陽がさす時間も多くなってきて、昨日までのようにまとまった雪となることはありませんが、筋状の雲が流れてくる時間帯もあるので、雪がちらつくこともあるあでしょう。明日になると、この寒波は和らぐと見られていますので、乗り切って下さい。









ギャラリー
  • 暗い空
  • 暗い空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 雲に覆われた空
  • 雲に覆われた空
  • 春霞の空
  • 春霞の空
最新コメント
  • ライブドアブログ