高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

October 2017

冷え込む朝

IMG_5353[1]
写真は今朝6時18分の北西の空です。青空も見えていますが、雲が広がり日差しが遮られています。船形山には冠雪が見られます。風が少しあり、気温7.9℃、気圧(標高160m)999.9hPaです。

北日本は冬型の気圧配置となっています。現在仙台は曇っています。
今日31日は、寒気の影響により曇りで、昼過ぎからは高気圧に覆われ晴れるでしょう。最高気温は15℃の予想です。

17103103
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
 
①千島近海には発達した低気圧があり北上しています。
②寒気を伴った上空の気圧の谷が北日本を通過中です。
③華中には高気圧があり東進しています。

今朝の日本列島は②の気圧の谷が引き込む寒気が上空に入り込んでいるため、全国的に冷え込んでいます。現在、10℃以下のところが多く、北海道や本州の内陸部では氷点下の冷え込みになっているところもあります。宮城県でも5℃を下回るところもあり、気仙沼や石巻、亘理など5地点で今季最低の気温となっています。
今日は、北日本・北陸では午前中は冬型が続くため、日本海側を中心に雨となりますが、次第に③の高気圧に覆われ、昼過ぎには晴れ間が広がるでしょう。寒気の影響で気温はあまり上がらず、各地で11月並の寒さとなるでしょう。
宮城県地方は、午前中は冬型の気圧配置となるため、寒気により出来た雨雲が日本海側から流れてきて、雲が多めとなります。午後には、高気圧に覆われてくるため、冬型が緩み晴れて来るでしょう。最高気温は15℃と、昨日よりも2℃低くなる予想です。

昨日は、発達した低気圧により北日本は強い風が吹きました。仙台でも最大週間風速で22.1メートルを観測しており、北海道羅臼や岩手の大船渡などでは、30メートルを超える猛烈な風となりました。
これは、台風から変わった低気圧が急発達したためで、昨日15時には低気圧の中心気圧は936hPaとなり、24時間で29hPaも低下する爆弾低気圧となりました。このため、強い冬型となり気圧の傾きが大きくなり強い風が吹きました。仙台でも日本海側から流れてきた雨雲で西部を中心に、雨となったところが多くなりました。
西日本でも寒気の吹き込みにより、筋状の雲が現れました。写真は、昨日10時32分の衛星可視画像ですが、東シナ海でも筋状の雲が見られ、チェジュ島や屋久島の風下にはカルマン渦が明確に見えています。
karuman

明るい虹

IMG_5335[1]
写真は今朝6時15分の北西の空です。小雨降る中、東の晴れ間から射す朝陽で虹がでています。久しぶりの明るい虹で副虹もきれいに見えています。風は弱く、気温10.5℃、気圧(標高160m)983.0hPaです。

台風22号から変わった低気圧が北海道付近にあり、北日本は冬型の気圧配置となっています。現在仙台は、西部では雨、東部では晴れとなっています。
今日30日は、冬型が強まり、晴れとなりますが、西寄りの風が強く吹き、西部山沿いでは雨となるところがあるでしょう。最高気温は13℃の予想です。

17103003
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①台風22号から変わった温帯低気圧が北海道の東にあり北北東に進んでいます。
寒冷前線が北海道地方にかかり現在通過中です。

台風22号は今日0時に温帯低気圧に変わりました。しかし、日本海を東進する上空の気圧の谷と結びつき、急速に発達すると見られています。今夜21には中心気圧938hPaまで発達すると予想されており、強い冬型の気圧配置となります。このため、今日は北日本を中心に風が強まります。北海道から東北地方では、最大瞬間風速で35メートルから30メートルの非常に強い風が吹くと予想されています。また、寒気を引き込んでくるため、北海道では平地でも積雪が予想され、東北地方も高い山では雪となる所もあるでしょう。
仙台の最高気温の予想は13℃と、あまり気温が上がりませんので、暖かめの服装が良いでしょう。

霧に包まれる森

IMG_5315[1]
写真は今朝6時13分の北西の空です。雨の森は霧に包まれています。風は無く、気温12.1℃、気圧(標高160m)999.5hPaです。

前線が日本の南にあってゆっくり北上しています。現在仙台は雨が降っています。
今日29日は、低気圧や前線が三陸沖を北上するため、一日雨で雨脚強まる時間帯もあります。最高気温は15℃の予想です。

17102903 (1)
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

台風22号は種子島付近にあって北東に進んでいます。
②日本の南には前線があり停滞しています。

①の台風は現在種子島付近にあり、北東へ時速30キロで進んでいます。中心気圧は975hPa、中心付近の最大風速は30m/sで、150kmの暴風域を伴っています。この影響で、暴風域のかかる九州南部では、強い風が吹き、激しい雨となっているところがあります。また、活発となった②の前線により、西日本から北日本にかけて広く雨が降っており、東海・関東・北陸では局地的に激しく降っているところがあります。
今日29日は、台風が日本の南海上を東へと進み、前線の活動が活発となるため、西日本から北日本の広い範囲で雨となり、西日本、東日本の太平洋側では、局地的に非常に激しい雨となる恐れがあります。また、風も強まります。今朝発表の気象情報によると、29日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
 九州南部、伊豆諸島  30メートル(45メートル)
 奄美地方、四国地方、近畿地方、東海地方、関東地方
            25メートル(35メートル)
 九州北部地方、北海道地方 20メートル(30メートル)

となっています。
 また、30日6時までの24時間に予想される雨量は、
 東海地方     200ミリ
 近畿、北陸、関東甲信地方 150ミリ
 四国地方     120ミリ
 九州南部、東北地方 100ミリ

先週の台風21号による雨で、10月の降水量が平年の2倍以上という、記録的な降水量となっているところがあります。更にこれからの雨により、土砂災害や、浸水、河川の増水など大雨の災害が心配されるところがあります。気象庁の発表する、最新の大雨・洪水危険度分布などの最新情報に注意して、警戒を強めて下さい。

雲広がる空

IMG_5314[1]
写真は今朝6時52分の北西の空です。空一面雲に覆われています。風は無く、気温11.0℃、気圧(標高160m)1010.6hPaです。

北日本は高気圧に覆われています。現在仙台は曇っています。
今日28日は、湿った空気や前線の影響により、曇りとなるでしょう。最高気温は17℃の予想です。

 17102803
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①北海道付近に中心を持つ高気圧により北日本は覆われています。
②日本の南には前線が停滞しています。
台風22号が沖縄の南にあって北上しています。

①の高気圧に覆われているため、現在北海道や東北北部では晴れているところが多くなっています。一方、この高気圧が運ぶ湿った空気により東北南部から東日本の太平洋側では、雲優勢の天気となっています。また、②の前線の雨雲がかかる東海から西に地方、太平洋側を中心に雨となっています。③の台風が接近している南西諸島では雨雲レーダーの観測によると、激しく降っているところが見られます。
今日28日は、沖縄・奄美では台風の接近に伴ない、猛烈な風、非常に激しい雨のところがあり、大荒れとなるでしょう。暴風・高波・大雨に警戒して下さい。台風の北上に伴ない、②の前線も北上するため、西日本・東日本の太平洋側では雨脚の強まる所もあります。
宮城県地方も、湿った東寄りの風と、前線の北上の影響を受け、今日は一日雲が広がると見られています。明日は前線が更に北上してくるため、雨の一日となりそうです。
出かけるなら今日のほうが良さそうです。


深まる秋色

IMG_5313[1]
写真は今朝6時16分の北西の空です。少しもやで薄ぼやけて見えますが、朝陽を浴びた泉ヶ岳が見えてます。風は弱く、気温6.5℃、気圧(標高160m)1004.8hPaです。

北日本は高気圧に覆われています。現在仙台は 晴れや曇りとなっています。
今日27日は、高気圧に覆われるため晴れますが、気圧の谷の影響で昼過ぎから時々曇るでしょう。最高気温は16℃の予想です。

17102703
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①日本付近は、北日本に中心をもつ高気圧に覆われています。
台風22号が日本の南を北上しています。

①の高気圧に覆われているため、現在日本列島は広く晴れています。今日いっぱいはこの高気圧に覆われるため、西日本から北日本にかけて安定した晴天となるでしょう。西日本から東日本にかけては気温も上がり、20℃を超えるところが多く、汗ばむような気温となります。
宮城県地方も、高気圧に覆われ晴れの天気となりますが、気圧の谷となるため午後はときどき雲が広がると見られています。
台風22号が日本列島に近づいてきており、日曜から週明けの天気に影響してきそうです。

1722-00
図は台風22号の進路予想です。(気象庁のHPより)

台風は現在日本の南にあり、北西へと進んでいます。中心気圧は992hPa、中心付近の最大風速は23m/s、北側440km,南側390kmで15メートル以上の強風が吹いています。
台風は今後勢力を強めながら、29日の未明には沖縄県地方に接近し、その後進路を東よりに変え、日本の南を東進してきます。西日本や東日本では、28日~30日にかけて台風により刺激された前線の影響により雨となると見られています。今後の情報に注意して下さい。
ギャラリー
  • 暗い空
  • 暗い空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 雲に覆われた空
  • 雲に覆われた空
  • 春霞の空
  • 春霞の空
最新コメント
  • ライブドアブログ