高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

March 2017

風の強く吹く朝

IMG_4165
写真は今朝6時48分の北の空です。晴れ間も見えますが、日差しはありません。風が強く吹いています。気温3.6℃、気圧(標高160m)999hPaです。

低気圧が三陸沖にあり東へすすんでいます。東北地方は気圧の谷となっています。現在仙台は曇りや晴れとなっています。
今日31日は、 気圧の谷や寒気の影響で曇りで、夕方以降、雨や雪となる所があるでしょう。最高気温は12℃の予想です。

17033103
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
低気圧が三陸沖にあります。また華中には昨日夜に前線上に低気圧が発生しており、東へと進んでいます。この低気圧は上空の気圧の谷と結びつき、今後発達しながら東進し、明日1日の明け方には関東の南岸を進みます。低気圧には南からの暖く湿った空気が入り、上空には寒気があるため低気圧付近では大気の状態が不安定となり、31日の夜から1日にかけて東日本の山沿いの標高の高い所では雪が降る所があると見られています。
宮城県地方でもこの低気圧の通過に伴い、今日の夜から明日の朝にかけて雨が予想されており、西部の山沿いでは雪となるところもあるでしょう。この低気圧が北の寒気を引き込んできますので、今日の最高気温は12℃と、昨日よりも3℃近く低くなり、午前中は風も強いので寒い日となるでしょう。
 

春霞の空

IMG_4113[1]
写真は今朝6時28分の北西の空です。霞んだ空の向こうには泉ヶ岳がかすかに見えてます。風は無く、気温-0.5℃、気圧(標高160m)1002hPaです。

日本海には低気圧があり、東南東へ進んでいます。現在仙台は快晴です。
今日30日は、 晴れや曇りですが、夜には気圧の谷や低気圧が通過するため西部では雨となる所があるでしょう。最高気温は14℃の予想です。

17033003
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
低気圧が日本海と対馬海峡にあり、それぞれ東南東と東へと進んでいます。また日本の南には高気圧があります。これら低気圧の影響で、北海道、東北地方の日本海側、九州地方北部では現在雨となっているところがあります。宮城県を含むそれ以外の地方では、高気圧に覆われているため広く晴れています。
今日の宮城県地方は、気圧の谷や低気圧の通過があり、西部では夜に雨となる所があるものの、概ね晴れの天気となるでしょう。今日、仙台では最高気温14℃まで上がる予想となっています。日本の南にある高気圧が運んでくる南の暖かい空気を、二つの低気圧が引き込む形となるため、全国的に気温があがります。西日本では20℃近くまで、東日本でも18℃前後、南東北では15℃近くまで気温が上がり、各地4月上旬から、中旬並みの暖かさとなります。一方、今週末は南岸低気圧の通過の影響でまた冬へと逆戻りとなり、寒暖の差が激しくなりますので、体調を崩さない様、お気を付け下さい。


 

朝もやの中の笹倉山

IMG_4112[1]
写真は今朝6時03分の北の空です。雲一つない快晴ですが、朝もやで遠くの山は霞んで見えます。近くではウグイスの声が聞こえます。風は弱く、気温-1.4℃、気圧(標高160m)1004hPaです。

 日本付近は高気圧に覆われています。現在仙台は快晴となっています。
今日29日は、高気圧に覆われるため一日晴れるでしょう。最高気温は13℃の予想で、4月上旬の暖かさとなります。

 17032903
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
日本付近は高気圧に覆われています。また、黄海付近には上空に気圧の谷がありそれに対応した低気圧が東シナ海にあり東進しています。この低気圧や高気圧が運ぶ南からの湿った空気により、 九州・四国地方では雨雲がかかり現在雨となっています。それ以外の地域では高気圧に覆われているため、広く晴れとなっています。

今日の宮城県地方は、 高気圧に覆われ一日良く晴れます。また、明日にかけては上空の寒気も北上し、地上には暖かい空気が入ってくるため、気温は上がり最高気温は13℃と4月上旬並みの暖かさとなると予想されています。
この後、 31日には華中付近の前線上に低気圧が発生し、上空の気圧の谷と関係し、31日から1日にかけて急速に発達し、関東の南岸を進むと見られています。このため、31日金曜の夜から1日土曜の昼過ぎにかけて西日本から北日本の広い範囲で、雨や雪が予想されています。寒気も入ってくるため、1日は気温も低く、仙台でも最高気温が7℃と、再び冬へと逆戻りです。
翌2日日曜は、低気圧が 日本の東へと抜けるため、天気は回復し、晴れ間が望めるでしょう。

朝陽に染まる霧

IMG_4110[1]
写真は今朝5時45分の東の空です。稜線から太陽が顔を出し、山間から差す陽で地上の霧が赤く染まっています。風は弱く、気温-1.1℃、気圧(標高160m)998hPaです。

低気圧が関東の東にあり、北東に進んでいます。現在仙台は晴れています。
今日28日は、冬型の気圧配置で晴れや曇りですが、寒気と気圧の谷の影響で雨となる時間帯もあるでしょう。最高気温は11℃と昨日よりも5℃も高くなる予想です。

17032803
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
昨日雨や雪を降らせた低気圧は、日本の東に抜け、日本列島は東シナ海にある高気圧に覆われてきました。北日本では冬型の気圧配置となり、寒気の吹き出しに伴う筋状の雲が日本海にかかり、東北の日本海側では雪となっているところがあります。

今日の宮城県地方は、西部では雪となる所もあるものの、晴れる所が多く、陽ざしがたっぷりとそそぐため、気温は上がり、仙台では最高気温は11℃と、寒かった昨日に比べ5℃も高くなる予想です。

天気図を見ると、日本海を縦に走る等圧線が左へと膨らんでいるところがありますが、ここには気圧の谷(前線)があります。この気圧の谷や寒気の影響で、朝や晩には雲が広がりやすくなり、雨や雪の所もある見込みです。

昨日に比べると暖かく過ごしやすい日となりそうです。






またまた雪景色

IMG_4105[1]
写真は今朝5時56分の北の空です。今日も雪景色となっています。さきほどまではみぞれでしたが、現在は雪です。風は弱く、気温0.8℃、気圧(標高160m)995hPaです。

日本の南に低気圧があって北東へ進んでいます。また、本州の南にも低気圧があります。現在仙台は雨となっていますが、西部ではみぞれや雪となっているところがります。
今日27日は、低気圧の影響により、昼過ぎにかけて雨や雪となり、夕方には止むでしょう。最高気温は6℃の予想です。

17032703
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
日本の東には前線を伴った低気圧が、また伊豆諸島付近には今日未明に新たな低気圧が発生しています。これらの低気圧は今後上空の低気圧と関連しながら発達し、北東へと進みます。西日本から東日本には上空の気圧の谷の通過に伴い、平年よりも10~15℃も低い寒気が入り込むため、大気の状態が不安定となります。このため、雨雲レーダーをみると関東地方では現在強い雨が降っているところがあり、千葉県では局地的に30ミリ/h以上の激しい雨となっているところがあります。

img (20)
図は今朝5時の推計気象分布の天気です。(気象庁のHPより)
九州南部から、四国、山陰、関東・甲信、東北南部、東北北部の太平洋側など、広い範囲で雪となっているのが分かります。関東北部の山沿いや、長野、山梨では大雪となっているところがあり、この24時間の降雪量のランキングでは、
1.栃木 奥日光 35㎝
2.長野 軽井沢 31㎝
3.群馬 草津  29㎝
4.山梨 河口湖 26㎝
となっています。上空の寒気は、このあとさらに強まると予想されており、今日の夕方にかけて関東北部や甲信地方では大雪に警戒が必要です。

宮城県地方でも、上空の寒気や低気圧の影響により、今日は雨や雪となりますが、低気圧は日本の東へと離れて行きますので、夕方には止んできます。
今日は日差しもなく、最高気温も6℃と寒い一日となりますので、防寒対策してお出かけ下さい。



















 
ギャラリー
  • 暗い空
  • 暗い空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 雲に覆われた空
  • 雲に覆われた空
  • 春霞の空
  • 春霞の空
最新コメント
  • ライブドアブログ