高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

July 2016

夏空

IMG_2239
写真は今朝7時37分の北の空です。暑くなりそうな夏空です。風は弱く、気温30.3℃、気圧(標高160m)997hPaです。

高気圧が日本のはるか東にあって、本州付近に張り出しています。一方、日本海は、気圧の谷となっています。現在仙台は、晴れまたは曇りとなっています。今日31日は、 晴れる所が多いですが、気圧の谷や湿った東風の影響により、雲が広がり雨の降る所もある予想です。最高気温は30℃の予想です。

 16073103
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
日本海からオホーツク海にかけて前線があり北海道は今日も雨の所が多くなっています。本州付近は、高気圧に覆われていますが、気圧の谷の影響で湿った東よりの風が入る東日本、北日本の太平洋側では曇りや雨となるところがあるでしょう。
 
昨日は暑くなりました。日本列島広く高気圧に覆われ、929の観測点のうち猛暑日を観測したところが32地点、真夏日は600地点以上となり、暑い一日でした。
 saikoukiobn
図は、東北地方の昨日の最高気温を表示したものです。(アルファプラネットのHPより)
東北地方も海沿いを除いて、ほとんどの地点で30℃越えのオレンジや紫の■となっています。仙台でも、31.1℃の最高気温の真夏日となりました。今日も西日本を中心に、猛暑日になる所あると予想されていますので暑さ対策を十分に行って、お出かけ下さい。

 

梅雨明けの空

IMG_2238
写真は今朝5時26分の北西の空です。野焼きの煙が棚引いており、もやもあるせいか泉ヶ岳山頂は見えていません。でも空は暑くなりそうな快晴の空です。風は無く、気温23.2℃、気圧(標高160m)997hPaです。

日本のはるか東に高気圧があり、本州付近を覆っています。このため、現在仙台は晴れています。今日30日は、 高気圧に覆われるため晴れますが、午後は大気の状態が不安定となるため、西部の山沿いを中心ににわか雨となる所がある見込みです。最高気温は30℃の真夏日が予想されています。

16073003
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
日本海からオホーツク海にかけて前線がかかり、北海道を通過しています。このため、前線付近の道北では大気の状態が不安定となり、雷や突風を伴った雨が予想されています。
北海道以外の北日本、東日本、西日本では高気圧に覆われ良く晴れます。そのため、気温が上がる午後は全国で大気の状態が不安定になり、山沿いを中心に局地的の非常に激しい雨となると見られています。

さて、昨日は東北地方南部・北部ともに梅雨明けが発表され、南部では平年よりも4日遅い梅雨明けでした。いよいよ夏本番です。早速今日は気温が上がることが予想されており、仙台でも30℃、福島・会津若松で33℃、秋田で32℃など真夏日が予想されています。行楽日和でありますが、お出かけの際には紫外線対策・熱中症対策を十分に行ってください。

薄い霧

IMG_2237
写真は今朝5時51分の北西の空です。薄く霧がかっていますが、霧を通してうっすらと青空も覗いており、今日は良い天気となりそうです。風は無く、気温25.0℃、気圧(標高160m)997hPaです。

前線が日本海からサハリン付近にのびています。また、日本のはるか東に中心を持つ高気圧が、日本の東海上から本州に張り出しています。現在仙台は曇っています。今日29日は、高気圧に覆われるため曇りや晴れとなりますが、午後は大気の状態が不安定になりにわか雨となるところもある予想です。最高気温は29℃の予想です。

16072903
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
日本海からサハリンにかかる停滞前線上のサハリン付近に低気圧があります。この低気圧に向かって日本海から湿った空気(相当温位248K)が流入し、日本のはるか東の高気圧の縁を回る湿った空気と北海道付近で合流しています。このため、北海道では大気の状態が不安定な状況が続いており、対流雲が発達し大雨となっているところがあります。日高地方では、26日の降りはじめから300ミリを超える降水が観測されており、これからさらに降る続くため、増水、浸水害、土砂災害に対する警戒が必要です。今朝発表の気象情報によると、
30日6時までの24時間で、
 北海道日本海側 150ミリ
 オホーツク海側 120ミリ
 太平洋側 80ミリ

の降水が予想されています。

関東地方では昨日梅雨明けが発表され、平年よりも7日遅く53日間の長い梅雨が明けました。残るは、東北南部・北部ですが、今日の東北南部は良く晴れて気温が上がり、仙台でも29℃、会津や新庄では35℃の猛暑日が予想されています。このため、午後にはにわか雨も予想されていますが、概ね良い天気です。明日以降も晴れが続くとの予想ですので、もうすぐ梅雨明けが発表されるのではないでしょうか。


厚い雲に覆われた空

IMG_2236
写真は今朝6時06分の北西の空です。空全体雲に覆われていて、青空が覗く隙間もありません。気温は22.8℃涼しいく感じられて気持ち良いです。風は無く、気圧(標高160m)997hPaです。

前線を伴った低気圧が日本海北部にあって、北東へ進んでいます。現在仙台は、曇っています。今日28日は、前線や暖かく湿った空気が流れ込む影響により、曇り優勢の天気となるでしょう。西部では昼過ぎから夕方にかけて、山沿いを中心に雷を伴うにわか雨となるところがある見込みです。最高気温は27℃の予想です。

16072803
 図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
 前線を伴た低気圧が日本海北部にあります。この低気圧に向かい日本海からと、オホーツク海から湿った空気が北海道付近へと流れ込むため、北海道では29日にかけて大気の状態が不安定となり、太平洋側西部や、日本海側南部を中心に大雨となると予想されています。今朝の気象情報によると、
29日6時までの24時間で、
 太平洋側西部 250ミリ
 日本海側南部と太平洋側東部 150ミリ
 日本海側北部 120ミリ
 オホーツク海側   80ミリ
の雨量が予想されています。大雨による、増水、浸水害、土砂災害に警戒してください。
一方、梅雨明けをした西日本では気温が高くなると予想されており、8月1日頃にかけては良く晴れるため、35℃を超える猛暑日となる所があると見られており、熱中症対策などの健康管理、農作物の管理などへの注意を呼び掛けてます。
関東や東北では、今日以降良い天気が続くので、今日・明日くらいに梅雨明けが発表されるかもしれません。


 

層状の霧

IMG_2233
写真は今朝5時31分の北西の空です。近くの標高の低い山よりも低い所に層状の霧がかかっています。湿度が高くあらゆるところに霧が出ています。風は無く、気温22.4℃、気圧(標高160m)997hPaです。

前線を伴た低気圧が朝鮮半島にあって東へ進んでます。現在仙台は、曇っています。今日27日は、低気圧が沿海州付近を東へ進み、前線が東北地方を北上するため、仙台は曇りで昼前から昼過ぎにかけて雨となるでしょう。最高気温は、24℃の予想です。

16072703
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
朝鮮半島付近の低気圧は、東に移動しており、今後北日本に近づくため今日から明後日にかけての天気に影響が出てきます。

06Z28JUL2016
図は28日15時のGSMによる850hPaの相当温位の数値予報データです。北海道付近にある低気圧と前線に向かって、南から相当温位342Kを超える暖湿気が流入し、北海道や東北北部では大気の状態が不安定となります。対流雲が発達しやすい状態となり、北海道では今日から明後日にかけて大雨が予想されています。

MSM_16_0728_1200
図は明日12時のMSM数値予報による地上気圧・降水・風のデータです。(APLAminiにて)
降水の予想を見ると、岩手、青森、秋田の東北北部や北海道で強い降水が予想されており、今朝発表の気象情報によると、28日の朝6時までの24時間で、
 北海道太平洋側西部 200ミリ
 北海道日本海側南部  150ミリ
 日本海側北部 80ミリ
 太平洋側東部 60ミリ

の雨が予想されており、低気圧の動きが遅いためその後もさらに降り続くと見られています。北海道では平年の7月一ヶ月分に相当する雨量が降ることになり、激しい雨による河川の増水、浸水害、土砂災害に警戒してください。








ギャラリー
  • 暗い空
  • 暗い空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 雲に覆われた空
  • 雲に覆われた空
  • 春霞の空
  • 春霞の空
最新コメント
  • ライブドアブログ