高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

February 2016

暗く厚い雲

IMG_1070
写真は今朝6時22分の北の空です。暗く厚い雲に覆われています。風は無く、気温4.6℃、気圧(標高160m)996hPaです。

前線を伴った低気圧が日本海にあり、発達しながら北東に進んでいます。現在仙台は曇りとなっています。
今日29日は、低気圧の北東進に伴い寒冷前線が東北地方を通過するため、曇りで昼過ぎから雨や雪となる予想です。最高気温は13℃まで上がる予想です。

16022903
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
日本海にある低気圧急速に発達しながら北東進し、今夜から明日にかけて北海道付近を通過する見込みです。低気圧から伸びる寒冷前線は今日の午後には東北地方を通過すると見られています。午後から夕方にかけては仙台は雨となり、寒冷前線の通過後の夜には気温が下がり西部を中心に雪となる所があります。
また、風も強まることが予想されており、
3月1日にかけて東北地方の日本海側、太平洋側ともに
 陸上 最大風速25メートル(最大週間風速35メートル)
が予想されており、東部仙台には強風注意報が発表されています。


 

迫る雲

IMG_1040
写真は今朝6時39分の北西の空です。西から低い雲が迫ってきていて、泉ヶ岳に達しようとしています。風は無く、気温‐0.5℃、気圧(標高160m)1008hPaです。

 低気圧が三陸沖にあり、東へと進んでいます。現在仙台は晴れとなっています。
今日28日は、 昼過ぎまでは晴れとなりますが、夕方より湿った東からの風により曇りとなる予想です。最高気温は7℃の予想です。

16022803
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
三陸沖の低気圧が東に進み、今日の昼過ぎまでは晴優勢となります。夕方には三陸沖が高圧部となり、東北から関東の太平洋側には東からの湿った空気が流れ込みます。その影響で夕方以降曇りとなるでしょう。明日は低気圧の接近により天気が崩れますので、今日の晴れ間を有効活用して下さい。

今週一週間の天気をみてみます。
FEFE19週間予報 色染20160227
 図は、FEFE19週間解説予想図です。(気象庁のHPより)
降水予想域を青で染めています。

29日(月)現在大陸にある低気圧が急速に発達しながら東北地方に近づいてきます。低気圧から伸びる寒冷前線が東北地方を通過するので夕方から雨や雪が降る荒れた天気となります。
1日(火)低気圧はオホーツクへと抜け、北日本は冬型となります。晴優勢の天気となりますが、北からの寒気が入るため寒い一日となるでしょう。
2日(水)高気圧に覆われ晴れ間もありますが気圧谷や北海道付近を通過する低気圧の影響で雲が広がる時間帯も多いでしょう。上空には暖気が入るので気温は一機に上がってきます。
3日(木)~5日(土)高気圧に覆われ、概ね晴れとなり暖かな春を感じられるでしょう。

kionnhennsa23
図はFZCX50週間予報支援図(アンサンブル)より850hPaの気温偏差予想を抜粋したものです。
偏差が+2℃以上を赤に、同-2℃以下を青に染めています。

北日本、東日本は1日が寒さの底で、2日からは平年よりも暖かくなり、3日~5日は仙台でも12℃~13℃の最高気温が予想されており、4月上旬並みの暖かさとなります。
 

青空の中舞う雪

IMG_1014
写真は今朝6時37分の北の空です。青空の中、雪が舞っています。風は無く、気温‐0.1℃、気圧(標高160m)1007hPaです。

低気圧が東北地方を通過しています。現在仙台は曇りや雪となっています。
今日27日は、 午前中は晴れますが、低気圧の影響により次第に曇り夕方から雪となる予想です。最高気温は7℃の予想です。

16022703
 図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
 今日午前中は高圧部となるため晴れの見込みです。
朝鮮半島付近にある低気圧が発達しながら東へと進んでくるため、午後にはその影響で雲が広がり夕方から低気圧が東北地方を通過する夜遅くにかけては仙台市西部・東部ともに雪雲がかかり、気温も低いことからとなる見込みです。 

TimeSeries47590
 25日に一か月予想が気象庁から発表になりました。図は気温見通しのグラフで、仙台の気温の2月~3月平年値実況と予測が示されています。
2月は平年より暖かい日が多く、やはり暖冬でしたが、今日から先の1週目、2週目も平年より気温は高くなると予想されています。
来週は3月。だいぶ暖かくなり春が近づいているのを実感できることでしょう。
 

うっすらと雪化粧

IMG_1007
写真は今朝6時24分の北の空です。今朝降った雪で地面はうっすらと雪化粧です。風は無く、気温‐1.8℃、気圧(標高160m)1006hPaです。

低気圧が三陸沖を東へと進んでいます。また、次の低気圧が日本海にあり東に進んでいます。現在仙台は晴れや曇りとなっています。
今日26日は、晴や曇りですが、夕方から夜の初めにかけて日本海を進む低気圧が接近するため雪となるところがある予想です。最高気温は6℃の予想です。

16022603
 図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
今朝仙台に雪を降らせた低気圧は三陸沖にぬけ、日本海には次の低気圧があり東へと進んでいます。
低気圧の間となる日中は晴れ間がありますが、日本海の低気圧は夕方には東北地方を通過して行くとみられ、仙台でも夕方から夜遅くにかけて、雪となるでよう。 今日も気温は上がらず、夕方からは雪も加わって寒くなりますので暖かい服装でお出かけ下さい。

カルマン渦。写真は昨日14にひまわり可視画像です。(NICTのHPより)
himawari23
チェジュ島と屋久島の風下にきれいなカルマン渦が見えています。ひまわり8号は2分半置きに画像を送って来ますので、動画でみるときっと空気のダイナミックな流れが見えてくると思います。
機会あったら確認してみてください。


 

朝焼けの雲

IMG_1006
写真は今朝6時26分の北の空です。雪雲の端が朝日に染まっています。青空を背景にきれいな色彩となっています。風は弱く、気温‐3.0℃、気圧(標高160m)1007hPaです。

北日本は冬型の気圧配置となってます。現在仙台は曇りとなっています。
今日25日昼頃雲が多くなるものの晴れで、寒気や低気圧の影響により夜遅くより天気は崩れはじめ明日の朝にかけては雪の降るところがある予想です。
最高気温は4℃と真冬の寒さとなる予想です。

16022503
 図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)
北日本は冬型ですが、日本海付近は等圧線の間隔が広く、屈曲しています。朝鮮半島付近には上空に気圧の谷がありそれに対応して低気圧が朝には発生する見込みです。この低気圧が東へと進み、今日の夜遅くから明日の朝にかけて東北地方を通過します。
そのため、 仙台でも明日の未明から朝にかけて雪となる見込みです。

上空には寒気が入っているため、昨日は気温があまり上がりませんでした。今日も日中は昨日よりも気温は低く、最高気温4℃と真冬の寒さとなります。

 
ギャラリー
  • 暗い空
  • 暗い空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 雲に覆われた空
  • 雲に覆われた空
  • 春霞の空
  • 春霞の空
最新コメント
  • ライブドアブログ