高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

July 2015

霧と朝日

IMG_5040
写真は、今朝5時9分の北東の空です。空には薄い雲がかかっているため、太陽の光は少し弱めに見えています。地上には霧があり、近くの山を隠しています。気温は25.4℃、弱い風が吹いており、気圧(標高160m)は992hPaです。すずめとヒヨドリの囀りが聞こえます。

宮城県地方は日本列島は東北地方まで太平洋高気圧に覆われています。 このため、きょうの仙台は少し雲が広がることがあるものの、晴れの良い天気となるでしょう。気温は昨日より高くなり、最高気温は32℃と予想されています。

今日は昨日よりも上空に暖かい空気が入り、高気圧により強い日差しがあるため、全国的に暑くなると予想されています。
saikoukion150731

 図は、気象庁発表の今日の最高気温の予想です。南東北から九州まで猛暑日の所が予想されています。湿度も高い状態ですので、熱中症のなどにならないよう、暑さ対策は万全にお願いします。
暑さの常連、四万十、多治見、熊谷、館林も猛暑日の予想となっているので、今日の最高気温の一位はどこか注意して見ておきたいと思います。

昨日は、仙台でも 夕方に雷雨がありました。一時的にかなり強い雨となったところもあると思います。しかし、この降雨も地面を冷やす効果はあまりなかったようで、雨が上がった後も蒸し暑かったです。
IMG_5034
写真は、昨日夕方18時4分の西方面の風景ですが、降った雨が地面の熱で蒸発し湯気の様に上がっているのが分かります。

さて、今日も暑くなるので午後には大気の状態が不安定になります。昨日ほどではありませんが、雷雨の可能性があります。急に空が暗くなって来た場合には、激しいにわか雨の可能性があるので、注意して下さい。
 

靄の朝

IMG_5033
写真は今朝、5時40分の北西の空です。靄がかかっており遠くの山は見渡せません。仙台平野には霧がかかっているようです。風は殆ど無く、気温は25.4℃、気圧(標高160m)992hPaです。

太平洋高気圧が東シナ海にあり、北日本までこの圏内となっています。高気圧の縁を回り暖かく湿った空気が入り込んでおり、西日本・東日本を中心に大気の状態が不安定になっています。現在、群馬県や栃木県に大きな雨雲がかかっており、激しい雨を降らせています。今日未明には、みなかみ町では時間50mmを超える非常に激しい雨が降り土砂災害警戒情報が出されております。
仙台も高気圧圏内にあることから、今日は概ね晴れとなるものの、大気の状態が不安定となることから、昼過ぎから夕方に掛けて にわか雨となる可能性があります。積乱雲が見えたら、天気の急変に警戒して下さい。

今日も蒸し暑いです

IMG_5032
写真は、今朝5時52分の北西の空です。湿度が88%あり、水蒸気が多いため泉ヶ岳が少し霞んでいます。気温は25.9℃、気圧(標高160m)991hPa。風は殆ど無く、ホトトギスやうぐいすの鳴き声が聞こえてきます。

東北地方には気圧の谷があります。このため、雲が広がりやすい状況となっています。今日の仙台は、晴れとなります。午後からは、多少雲が広がりますが、概ね良い天気となります。 日差しがあるため、気温は上昇し最高気温は昨日と同様32℃と予想されています。湿度が80%近くになるため、蒸し暑くなるでしょう。
 

雲の多い朝

IMG_5031
写真は、今朝5時44分の北西の空です。薄い雲に覆われています。気温はすでに27.3℃あり、弱い風も吹いています。ミンミンゼミの声が聞こえます。小鳥の囀りはいつもよりも控えめです。気圧(標高160m)990hPa。

東北地方には気圧の谷があり、日本の南には高気圧があります。このため、きょうの仙台は日差しがあるものの雲の多い天気となります。気圧の谷は、暖かく湿った空気を運んで来てます。昨日ほど気温は上がらず最高気温は31℃と予想されていますが、湿度が高く蒸し暑く感じられるでしょう。 

快晴の朝

IMG_5030
写真は、今朝5時49分の北西の空です。雲ひとつない抜けるような青空です。風は少し吹いてますが、気温はすでに26.7℃になっています。今日も暑くなりそうです。気圧(標高160m)は、992hPa。

日本の南に高気圧があり、東日本から東北地方を覆ってます。このため、今日の仙台は晴れとなります。昨日と同様、気温は高くなることが予想されており、最高気温は33℃の予想です。

気温が高くなるための条件は、上空に暖かい空気があることと、強い日差しが長時間続くということ。これで、例えば昨日書いたように 上空1500mに20℃の暖気があると、地上では30度を超えます。仙台が猛暑日になるのはどのような条件かと過去のデータを調べてみました。
2010年以降の8月の猛暑日は3回で、日最高気温と最大風速と風向を示します。
2011年8月16日  35.4℃  6.4m 西南西 
2013年8月10日  35.6℃  5.9m 西北西 
2014年8月20日  35.4℃  6.8m 西    
 いずれも、西よりの風が吹いている状況で、猛暑日となっています。つまり、35℃を超える気温となるとめには、上記の二つの条件に加え、西風によるフェーンによる昇温が加わることが必要でると言えます。山形との県境は1200m級の山があるので、条件により異なりますが、最大で数度程度昇温が加わることになります。
昨日、一昨日は気象予報会社によっては仙台が猛暑日となると予想していた所もあるのですが、西風とならなかったため、そこまで気温が上昇しませんでした。 
ギャラリー
  • 暗い空
  • 暗い空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 強い風と快晴の空
  • 雲に覆われた空
  • 雲に覆われた空
  • 春霞の空
  • 春霞の空
最新コメント
  • ライブドアブログ