高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

蒸し暑い朝

IMGP2006
写真は今朝6時56分の北西の空です。雲が多めの空となっていますが、雲間から淡い日差しがあります。風は弱く、気温 27.2 ℃、気圧(標高160m)991.8 hPaです。

 前線が北日本に停滞しています。また、高気圧が日本のはるか東にあって、本州付近を覆っています。現在仙台は、晴れや曇りとなっています。
今日10日は、前線や湿った空気の影響により雲りで、昼ごろからにわか雨の降るところがあるでしょう。仙台市の最高気温は、33℃の予想です。

tenkizu
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

前線が華北から北日本を通り千島近海へのびています。
②日本の東には太平洋高気圧がありほとんど停滞しています。
③日本の南には熱帯低気圧があり西へ進んでいます。

①の前線に向かって下層の暖湿気が流入し、青森県や秋田県では記録的な大雨となっていいます。24時間最大雨量で、青森県深浦町で325ミリ、鰺ヶ沢町で202.5ミリ、秋田県の八峰町で199ミリと観測史上1位となり、平年の8月の一ヶ月分の1.5倍を超えているところがあります。これまでの雨で秋田県や青森県では土砂災害の危険度が高まり、土砂災害警戒情報が発表されているところがあります。また、青森県では川の水位が上がり、岩木川でも洪水の危険性が高まり、「氾濫危険情報」が発表されています。

今日10日は、①の前線が停滞するため、東北北部では引き続き雨となり、局地的に非常に激しい雨の降るおそれがあります。
kaikotan_rasrf24h_20220809210000_20220809210000
図は明日朝6時までの24時間雨量の予想です。(気象庁のHPより)

東北北部では雨の量が多くなり、青森県や秋田県では200ミリを超える雨量が予想されているところがあります。これらの地域では、すでに降った雨で大雨災害の危険度が高まっているため、今後の気象情報や、各自治体の避難情報に注意し、状況が悪化する前に安全な避難ができるようにしてください。
一方、北海道や東日本・西日本では晴れ間が出て気温が上がり、猛暑日となっているところもあります。体温を超える危険な暑さのところもありますので、熱中症には十分に警戒して下さい。
気温上昇に伴い、大気の状態が不安定となり、午後は各地で雷雨のおそれがあります。落雷や突風、降雹に注意して下さい。

今日の宮城県地方は、雲が多く、午後は雷を伴った激しい雨となるところがある予想です。最高気温は県内各地、30~34℃の予想です。



かすむ泉ヶ岳

IMGP2005
写真は今朝6時12分の北西の空です。もやがかかり、泉ヶ岳は山頂しか見えません。風は弱く、気温 21.7 ℃、気圧(標高160m)995.7 hPaです。

前線が華北から日本海中部へとのびています。また、高気圧が日本の東にありゆっくり南東に移動しています。現在仙台は、曇っています。
今日8日は、気圧の谷や湿った空気の影響により曇りで、朝から昼過ぎにかけては晴れ昼過ぎから夜のはじめごろにかけては、にわか雨となるところがあるでしょう。仙台市の最高気温は、31℃の予想です。

tenkizu
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①日本の東には高気圧がありゆっくり南東に移動しています。
②寒気を伴う上空の気圧の谷が北日本を通過しています。
③中国東北区には寒冷渦があり東進しています。
前線が華北から日本海にのびていて停滞しています。
⑤日本の南から沖縄地方付近には上空に寒気を伴う寒冷渦があり西進しています。

①の高気圧から下層の湿った空気が入り、②により上空に寒気が入っているところから、現在、北海道や、東海、九州北部では雨の降っているところがあり、局地的に激しい雨となっているところがあります。

nowc_hrpns_slmcs_20220807210500_20220807210500
図は今朝6時05分の雨雲レーダーの図です。(気象庁のHPより)

一方、①の高気圧に覆われて、東日本から西日本では晴れているところが多くなっています。

今日8日は、④の前線が接近し、前線に向かって下層の暖湿気が流入します。前線に近い北海道や東北北部では昼頃からまとまった雨が降り、局地的に激しい雨となるところがあるでしょう。
kaikotan_rasrf_20220807210000_20220808090000
図は今日18時までの1時間の降水予想です。(気象庁のHPより)

東日本・西日本では大気の状態が不安定となり、ところどころ雷雲が発達し、雷雨となる予想で、局地的には大雨となるところもありますのdえ、土砂災害や河川の増水、低地での浸水に警戒・注意するとともに、落雷や突風、降雹に注意して下さい。

今日の宮城県地方は、曇り日中は晴れて気温も上がります。昼過ぎからは雷雨となるところもありますので、急な雨にご注意下さい。最高気温は県内各地、30~34℃の予想です。

雲広がる空 涼しい朝

IMGP2004
写真は今朝6時40分の北西の空です。空は雲に覆われ、日差しはなく、気温は20℃にとどかず、涼しい朝です。風は弱く、気温 19.3 ℃、気圧(標高160m)995.6 hPaです。

日本海は気圧の谷となっています。現在仙台は、曇っています。
今日7日は、上空に寒気を伴った気圧の谷や湿った空気の影響により大気の状態が不安定となるため、曇り時々晴れで、昼過ぎから夜のはじめごろにかけて、雷を伴い激しい雨となるところがあるでしょう。仙台市の最高気温は、29℃の予想です。

tenkizu
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①日本のはるか東には高気圧があり西へ移動しています。
②バイカル湖の東には寒冷渦がありゆっくり南東進しています。
③日本海には寒気を伴う上空の気圧の谷があり東進しています。
④南西諸島の上空には強い寒気が流入しています。

現在、③の上空の気圧の谷や、④により上空には寒気が入り、①の高気圧からは下層の湿った空気が流入しており、大気の状態が不安定となっていて、局地的に非常に激しい雨が降っているところがあります。
nowc_hrpns_slmcs_20220806213000_20220806213000
図は今朝6時30分の雨雲レーダーの図です。(気象庁のHPより)

五島列島では局地的に猛烈な雨を解析しているところがあります。その他、ところどころで雨が強くなっていて、東北の日本海側でも雷を伴い、激しい雨となっているところがあります。

今日7日は、西日本~北日本では、上空の寒気や下層の湿った空気の影響により、大気の状態が不安定となり、午前中から局地的に雷を伴った激しい雨の降るところがあります。
kaminari
図は今日昼過ぎの発雷確率の図です。(国際気象海洋のHPより)

西日本から北日本の広い範囲で発雷確率が高くなっており、全国的に入道雲が発生する可能性があります。
今朝発表の気象情報によると、明日朝6時までの24時間に降る雨量は、
 関東甲信、東海地方     100ミリ
 東北、北陸地方        80ミリ
 北海道地方          50ミリ
と予想
されています。これらの地域では、土砂災害や河川の増水、低地での浸水に注意・警戒して下さい。

今日の宮城県地方は、晴れ間もあるものの雲の多い空となるでしょう。午後はにわか雨が降るところがありますので傘は必須となります。最高気温は県内各地、26~30℃の予想です。

山頂を隠す低い雲

IMGP2003
写真は今朝6時15分の北西の空です。低い雲がかかり、泉ヶ岳の山頂を隠しています。風は弱く、気温  19.2 ℃、気圧(標高160m)994.7 hPaです。

高気圧が北日本へ張り出しています。現在仙台は曇っています。
今日6日は、気圧の谷や湿った空気の影響により曇りで、昼前から夕方は晴れるでしょう。仙台市の最高気温は、27℃の予想です。

tenkizu
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①日本の東には寒気を伴う上空の気圧の谷があり東進しています。
②中国東北区付近には上空の気圧の谷があり東進しています。
③日本の東には低気圧があり北上しています。低気圧からは前線が東海道沖へとのびています。前線上の関東の東には低気圧があり東北東進しています。

③の前線に向かって、日本の南の高気圧の縁辺を回る下層の暖湿気が流入し、関東の南から南西諸島の海上を中心に、現在、雷を伴った非常に激しい雨が降っているところがあります。
nowc_hrpns_slmcs_20220805213500_20220805213500
図は今朝6時35分の雨雲レーダーの図です。(気象庁のHPより)

昨日5日も福井県や滋賀県で記録的な大雨となりました。福井県南越前町では24時間の雨量が405.5ミリと観測史上最大となり、平年の8月の2倍以上の雨が降りました。福井県周辺では停滞した前線に向かって暖かく湿った空気が流入し、対流雲が発達し、記録的短期間大雨情報が5日だけでも4回も出され、河川の氾濫や、土砂崩れなどの災害が発生し、多くの人の生活に影響が出ています。
3日からの東北・北陸地方では前線が居座ることで、大雨となりましたが、3日~5日夜までの3日間で、43回もの記録的短時間大雨情報が発表され、昨年1年間では、64回だったそうなので、この3日間の雨の激しさが伺えます。

今日6日は、湿った空気の影響で、西日本・東日本では晴れ間もあるものの、雲が多く、大気の状態が不安定で雷を伴い、激しい雨となるところがあるでしょう。
haturai
図は今日昼過ぎの発雷確率の図です。(国際気象海洋のHPより)

九州、四国、中国、近畿で発雷確率が特に高く、これらの地方では落雷や突風、降雹などの気象現象に注意が必要です。

今日の宮城県地方は、雲の多い天気ですが、昼前からは晴れ間も出て日差しがあるでしょう。最高気温は県内各地、24~28℃の予想です。

 

雲に覆われた空

IMGP1995
写真は今朝7時00分の北西の空です。雨は降ってイませんが、空はくもに覆われています。風は弱く、気温 19.9 ℃、気圧(標高160m)993.3 hPaです。

東北地方は気圧の谷となっています。現在仙台は 雨や曇りとなっています。
今日5日は、気圧の谷や湿った空気の影響により、曇りで、明け方まで雨が降るでしょう。仙台市の最高気温は、25℃の予想です。

tenkizu
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①寒気を伴う上空の気圧の谷が東日本を通過しています。
前線が西日本から日本の東へとのびています。
③北海道付近には寒気を伴う上空の気圧の谷があり南東進しています。
④日本の南には高気圧がありゆっくり西へ移動しています。

②の前線には④の高気圧の縁辺の空気が流入しています。このため、現在、福井県、滋賀県や、関東の東海上で雷を伴い激しい雨が降っています。
nowc_hrpns_slmcs_liden_20220804211500_20220804211500
図は今朝6時15分の雨雲レーダーの図です。(気象庁のHPより)

3日からの大雨で現在も地盤が緩んでいて、土砂災害の危険度が高くなっているところがあり、現在、石川県、福井県、岐阜県、滋賀県の一部では土砂災害警戒情報が発表されているところがあります。

今日5日は、①の前線は、今日の朝には西日本~東日本の南岸まで南下し、今日の夜には日本の南へ南下する見込みです。西日本~東日本には④の高気圧の縁を回る下層暖湿気が流入し、①による上空の気圧の谷の影響もあり、大気の状態が不安定となるところがあります。雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるところがるでしょう。
今朝発表の気象情報によると、明日朝6時までの24時間に降る雨の量は、
 北陸地方        120ミリ
 東海地方        100ミリ
 関東甲信地方       80ミリ
の見込み
です。これらの地域では、土砂災害、低地での浸水、河川の増水に警戒して下さい。また、落雷や突風、降雹にも注意が必要です。

今日の宮城県地方は、雲が多い空となるでしょう。弱い雨の降るところがあるでしょう。最高気温は県内各地、21~25℃の予想です。

ギャラリー
  • 蒸し暑い朝
  • 蒸し暑い朝
  • 蒸し暑い朝
  • かすむ泉ヶ岳
  • かすむ泉ヶ岳
  • かすむ泉ヶ岳
  • かすむ泉ヶ岳
  • 雲広がる空 涼しい朝
  • 雲広がる空 涼しい朝
最新コメント
  • ライブドアブログ