高台からの観天望気

仙台の気象予報士yaviのブログ。天気の話しを中心にお伝えします。

降雪作業中の泉ヶ岳

IMG_7435[1]
写真は今朝6時43分の北西の空です。日の出前なので、まだ泉ヶ岳は朝陽を浴びていませんが空は晴れています。スプリングバレースキー場はようやくオープンできたようです。この時間も、降雪作業中なのかナイターの照明が点いています。風は弱く、気温0.1℃、気圧(標高160m)991.9hPaです。

気圧の谷が東北地方を通過しています。現在仙台は曇っています。
今日17日は、気圧の谷の影響により曇りや晴れで、夜は雨や雪の降る所があるでしょう。最高気温は11℃の予想です。

18121703
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①四国の南には前線を伴った低気圧があり東進しています。
②中国東北区には寒気を伴う上空の気圧の谷があり東南東進しています。
➂黄海付近には上空の気圧の谷があり東南東進しています。
④北海道付近には低気圧があってシアーラインが北日本を通過しています。

④の低気圧とシアーラインにより北日本周辺では対流雲が発達し、北陸から北日本の日本海側では雨や雪となっているところがあります。また、①の低気圧に近い東日本の太平洋側では広く雨が降っており、長野や山梨など東日本の内陸部では雪になっているところもあります。

今日17日は、①の低気圧が発達しながら今日午後には関東の東海上へと抜けて行きます。低気圧に向かって湿った空気が流入するため、伊豆諸島では今日の昼頃にかけて雷を伴い、激しく降る恐れがあります。④の低気圧からのびるシアーラインは今日朝にかけて北日本から北陸地方を通過する見込みで、シアーライン周辺では風が強く、波も高くなるでしょう。18日にかけて冬型の気圧配置が強まり、②による上空の寒気の南下もあり、今日の午後からは北陸地方や北日本の日本海側で大気の状態が不安定となります。
gd306jp
図は今日夜のはじめごろの発雷確率の図です。(国際気象海洋のHPより)

山陰から北陸、北日本の日本海側で発雷確率が高くなっています。この状態は19日いっぱい続くと見られていますので、落雷や突風、山沿いでは雪が強まりますので注意が必要です。

今日の宮城県地方は、晴れ間もあるものの、次第に雲が広がってきて、夜には雨や雪となることろもあるでしょう。最高気温は県内各地、9~11℃と昨日よりは寒さも緩む予想です。




 

冷え込む朝

IMG_7431[1]
写真は今朝6時44分の北西の空です。多少の雲は見られるものの、穏やかな晴れ空が広がっています。放射冷却で冷え込んでいます。風は弱く、気温-3.1℃、気圧(標高160m)1013.8hPaです。

高気圧が本州付近を覆っています。現在仙台は晴れています。
今日16日は、はじめ高気圧に覆われて晴れますが、気圧の谷が接近するため昼過ぎから曇るでしょう。最高気温は8℃の予想です。

 18121603
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①高気圧が本州付近にあり東へ進んでいます。
②華北に寒気を伴う上空の気圧の谷があり東南東進しています。

日本列島付近は①の高気圧に覆われているため、晴れているところが多くなっています。湿った空気が入る、北日本の日本海側や九州地方では、雪や雨が降っているころがあります。

今日16日は、①の高気圧は日本の東海上に移動し、西から低気圧や気圧の谷が接近するため、北日本や西日本を中心に天気は下り坂となります。気温は北日本を中心に昨日よりも上がるため、北日本の平地では雨となります。

今日の宮城県地方は、日差しが届くものの、昼過ぎからは曇ってきます。最高気温は県内各地6~10℃の予想です。

一面の雪景色

IMG_7430[1]
写真は今朝6時56分の北西の空です。昨日からの雪により一面の雪景色が広がっています。積雪は4センチ程度で、路面にも積もっています。風は弱く、気温-1.2℃、気圧(標高160m)1007.3hPaです。

 北日本は冬型の気圧配置となっています。現在仙台は、西部では雪が降っており、東部では晴れているところがあります。
今日15日は、寒気の影響により昼過ぎまでは曇りで、夕方からは晴れてくるでしょう。西部では昼過ぎまで雪が降るところがあるでしょう。最高気温は5℃の予想です。

18121503
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①日本のはるか東には低気圧があり、北東に進んでいます。
②朝鮮半島付近には高気圧があり南東に進んでいます。

①の低気圧、②の高気圧により日本付近は西高東低の冬型の気圧配置となっています。上空には強い寒気が流入しており、日本海や黄海、東シナ海には寒気の吹き出しにともなう筋状の雲が広がっています。このため、現在北日本の日本海側から、北陸地方、山陰地方にかけて雪となってます。また、岩手県や、宮城県、福島県の一部にも雪雲が流れてきて、西部の山沿いを中心に雪となっているところがあります。一方、太平洋側の地方では広く晴れています。

今日15日は、②の高気圧が日本列島を覆ってくるため、冬型の気圧配置が次第に緩んできます。日本海側の雪も次第に弱まり、山陰や北陸では晴れ間も出てくるでしょう。太平洋側では晴れとなりますが、空気が乾燥しますのでご注意を。気温は低く、北日本、東日本では一桁台の最高気温が予想されており、朝晩は冷え込みますので、路面の凍結など注意が必要です。

今日の宮城県地方は、昼過ぎまでは雲が多い空で、西部の山沿いでは雪のところもありますが、昼過ぎからは冬型が弱まり、高気圧に覆われてきますので次第に晴れ間ものぞいてくるでしょう。最高気温は県内各地、2~6℃で1月上旬並みの寒さとなります。



流れ来る雪雲

IMG_7429[1]
写真は今朝6時45分の北西の空です。流れ来る雪雲により暗い空となっています。風は弱く、気温2.0℃、気圧(標高160m)1001.0hPaです。

 低気圧が東北地方を通過し、冬型の気圧配置となっています。現在仙台は東部沿岸部では晴れ、他では雨や雪となっています。
今日14日は、冬型の気圧配置となるため、曇りで気圧の谷や寒気の影響により朝晩は雪が降るでしょう。最高気温は6℃と、1月上旬並みの寒さとなります。

18121403
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①三陸沖に低気圧があり東進しています。
②関東の東に低気圧があり東進しています。
➂大陸には高気圧があり東進しています。

①、②の低気圧と、③の高気圧により日本付近は冬型の気圧配置となっており、日本海には寒気の吹き出しによる筋状の雲がかかっています。このため、山陰から北陸、北日本の日本海側では雪となっており、岩手や宮城、福島の太平洋側にも雪雲が流れてきて、雪となっているところがあります。一方、東日本の太平洋側では晴れているところが多くなっています。

今日14日は、冬型が強まり日本海側では雪や雨となるでしょう。北陸や東北地方では昼前にかけて雷を伴いふぶくところもあるとみられ、落雷や雪による交通障害に注意が必要です。太平洋側は晴れるところが多いでしょう。今晩はふたご座流星群が出現のピークとなります。太平洋側の地域の方は観測のチャンスです。月が沈む22h30m以降が見ごろです。開けた所で、天頂付近を中心に見ていると、時間当たり数十個程度の流星を見られるかもしれません。三大流星群の一つですので、ぜひ見てください。

今日の宮城県地方は、日中晴れ間があるものの、西よりの風が強く寒さを感じる日となるでしょう。夜は雪となるところが多く、明日の朝にかけて積雪による路面状況の悪化に注意してください。最高気温は県内各地2~6℃の予想です。




暗く雲に覆われた空

IMG_7428[1]
写真は今朝6時44分の北西の空です。厚い雲に覆われ、暗くどんよりとした空が広がっています。風は弱く、気温1.1℃、気圧(標高160m)1001.9hPaです。

 北日本は冬型の気圧配置となっています。現在仙台は曇りで西部では雪のところがあります。
今日13日は、はじめ冬型の気圧配置で、夜は低気圧が接近し、曇りや晴れで、西部では雪のふるところがある見込みです。

18121303
図は今朝3時の実況天気図です。(気象庁のHPより)

①日本の東に低気圧があり東進しています。
②中国東北区には500hPaで₋42℃の寒気を伴った寒冷渦があり東南東進しています。

北日本は冬型の気圧配置となっており、現在北日本の日本海側を中心に雪のところがありますが、北日本から西日本の太平洋側では広く晴れています。

今日13日は、冬型が続き日本海側では雨や雪の降りやすい状況です。②の寒冷渦から南へのびる上空の寒気を伴った気圧の谷に対応した低気圧が、13日朝までに日本海西部に発生すると見られています。この低気圧が、発達しながら13日夜には前線を伴い北日本へ接近してきます。このため、東北・北陸地方と西日本の日本海側ではでは、低気圧と前線が通過する今日の夜遅くから明日未明にかけて、大気の状態が不安定となり、雨や雪が激しくなる恐れがあります。

gd310jp
図は明日未明の発雷確率の図です。(国際気象海洋のHPより)

図のように、明日未明には北陸地方を中心に発雷確率が高くなっています。低気圧通過後も冬型が強まるため14日にかけて北日本と、東日本・西日本の日本海側で強風や風雪、高波に注意が必要です。

今日の宮城県地方は、日差しが届く時間帯もあるものの、雲の優勢の空となるでしょう。前線が通過する夜遅くから明日の朝にかけては、雨や雪となるところがあるでしょう。最高気温は県内各地4~8℃の予想です。




ギャラリー
  • 降雪作業中の泉ヶ岳
  • 降雪作業中の泉ヶ岳
  • 降雪作業中の泉ヶ岳
  • 冷え込む朝
  • 冷え込む朝
  • 一面の雪景色
  • 一面の雪景色
  • 流れ来る雪雲
  • 流れ来る雪雲
最新コメント
  • ライブドアブログ